人に寄生するやっかいな「しらみ」その種類とは?

An Monkey emotion surprise full face .

しらみと言えば、頭や陰毛に寄生するしらみが有名ですが、実は、しらみの種類が異なります。陰毛に住み着くしらみは「ケジラミ」という種類で、「ケジラミ症」と言われています。では、他の種類がセックスでうつることはないのでしょうか?

人に寄生するのは3種類

衣服に寄生する「コロモシラミ」、頭部に寄生する「アタマシラミ」、陰毛に寄生する「ケジラミ」の3種類が人間に寄生するしらみです。

アタマシラミとコロモシラミは形が似ており、細長くてシロアリのような体で、2〜3mmと比較的大きいため肉眼でも十分に確認できます。コロモシラミは、病原体の発疹チフスリケッチアを媒介することで有名です。流行した第一次世界大戦では数百万の死者を出しています。日本では、戦後に一時期大流行しましたが、昭和32年以降は認めていません。

ケジラミはカニのハサミのような手と鋭いカギ爪を持っており、体長も1mmと小柄なのでよく注意してみないと気づかないことがあります。メスは約1ヶ月間生きると言われ、その間に30〜40個ほどの卵を産むため1ヶ月ほどで数が急増します。

オーラルセックスでもうつる毛じらみ!

「毛じらみ」と言われるように、毛のあるところには基本的にどこにでも住み着けるため、陰毛のケジラミがオーラルセックスを通じて頭にうつることもあります。

ケジラミとわかって陰毛を剃っても、スネ毛や脇毛、頭にもタオルなどを介して移っている可能性があるので、感染がわかったら他の部位にもいないか十分注意する必要があります。

セックスだけでなく、スキンシップや同じタオルの使用、布団などの寝具からもうつるため、家族間で感染が広がることが多いことも特徴です。そのため、ありとあらゆる寝具、衣服やタオルをしっかり洗浄することが大切です。メスが一匹でも残っていた場合、無限に増殖していきます!

ケジラミは毛につく虫なので、コンドームでは予防できません。しかし、不特定多数の人とセックスを行わないこと、風俗に行かないことで感染のリスクを下げることができます。

若者から中高年で静かなブームとなっているケジラミですが、そのほとんどがセックスからの感染です。感染したために浮気がばれて、恋人関係や家庭が崩壊することがないように、日頃からパートナーに対して誠実に暮らしましょう!

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。