やっぱり性病がコワイよ…包茎男子とのセックス


包茎とは、ペニスに皮がかぶっているために、亀頭が表れない状態です。
皮がかぶっていたら、細菌が繁殖して性病にかかりやすそう…
そんなイメージがありませんか?では実際どうなのでしょうか

あなたの彼も包茎かも?

日本人の約6〜7割が、程度の差はあるものの包茎と言われているので、彼氏が包茎の人も多いのではないでしょうか?

完全に皮をかぶっていて、亀頭が全く露出しない状態を「真性包茎」、勃起時や手で調整すれば亀頭が表れる状態を「仮性包茎」といいます。

特に真性包茎では、亀頭が常に皮で覆われているためアカがたまりやすく、衛生面で気をつける必要があります。

包茎は性病にかかりやすい?

実は、包茎では不潔になりやすいために、性病のリスクが高まると言われています。
細菌やウイルスは暖かく湿った場所が大好きです。そのため、洗いにくい包茎の内側は彼らの絶好のすみかとなるのです。

クラミジアや淋菌といった細菌はもちろん、非常にメジャーなヒトパピローマウイルスが住みついて感染を繰り返すことがあります。

男性の場合は感染しても無症状である事も多いんです。コンドームなしでセックスをすると、パートナーの膣や子宮にまで細菌やウイルスを押し込んでパートナーを感染させてしまうリスクがあります。また、オーラルセックスでも、のどにウイルスや菌がうつる可能性があります。

〝包茎のパートナー〟から性病を未然に防ぐには

もちろん、包茎の人全員が性病なわけではありません。しかし、ヒトパピローマウイルスやクラミジアは感染率が高く、男性は無症状であるため、女性のみなさんは感染予防対策が必要です。

予防のひとつとして、男性が包茎を治す手術という方法があります。真性包茎では、亀頭が出た状態のときに包皮で締め付けられてうっ血することがあり、そういった場合は健康保険の適用になります。

しかし、仮性包茎は外見の問題になるので、自費手術となり、術後の合併症や手術がうまくいかなかったというトラブルもあるため、手術のリスクを十分に理解して経験のある医師のもとで手術を受けることが大事です。

さらに、特定のパートナーとセックスすること、コンドームをつけること、パートナーとともにHIVを含めた性感染症のスクリーニングを行うことで、未然に感染拡大を防ぐことができます。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。