あなたはOK?NG?妊娠中のセックス

Man begging a woman for love by giving a big heart

妊娠中でも、パートナーとの営みを持ちたいと思うのは自然なこと。
妊娠中の性欲は、人それぞれで、妊娠中には性欲が高まる人もいれば、流産がこわくてセックスしたくなくなる人も。
でも、やっぱり気をつけたいのは妊娠中の性感染症です。

妊娠中のセックスはしてもいいの?だめ?

「お腹に赤ちゃんがいると思うと、心配でセックスがこわい」

「オーガニズムの刺激で流産しないか心配…」

妊娠中には、こうした心配がつきものです。
しかし、答えは「OK」です。医学的に、妊娠中にセックスをしたら流産の危険が高まるという結果はでていません。

胎盤が安定していない妊娠初期は流産が心配かもしれません。そして、流産をしたら、「忙しかったから…」、「セックスしたから…」、と自分を責めてしまう人も多いのですが、ほとんどの妊娠初期の流産は受精卵の遺伝子異常のためです。

注意したいのは、切迫流産・切迫早産のリスクがあると指摘されたときです。その場合、安静や重い荷物を持たないといった注意が必要となり、セックスも控えた方がよいでしょう。

コンドームを使用しなくても、妊娠中ならいい?

「妊娠中は妊娠しないから、コンドームなしで大丈夫!」そんな風に思う人が多いかもしれません。しかし、答えは「NG」です。みなさん意外に思いましたか?

実は、細菌感染が早産のリスクになることがわかってきました。前期破水を起こした人の膣を調べると、膣を細菌感染から守ってくれるデーデルライン桿菌(かんきん)という乳酸菌が減っていることがわかったのです。そして、そうしたケースでは、ほかの雑菌が膣のなかで増殖していたのです。

妊娠中の膣粘膜は、充血していてやわらかくてとてもデリケートです。傷がつくとそこから細菌感染を起こすリスクが高いので、妊娠中は、コンドームをつけて早産を予防しましょう。

また、コンドームをつけることにより、クラミジアや淋菌といった他の性感染症にかかるリスクを減らすことができます。

早産で生まれた未熟児は、臓器が未発達でうまれてくために様々な障害がおこります。妊娠中こそコンドームをつけて、大切な子供の命を守りましょう!

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。