寂しい人よりカップルに感染リスクが高い「淋病」

Hotel Rooms

性感染症の中でメジャーな病気「淋病」。文字通り「淋しい病気」と言われていますが、特定の彼氏がいなくて淋しいから、色々な男性と一夜限りのエッチをしてしまうため感染するといわけでも必ずしもないようです。

誰でもかかる可能性があるメジャーな性病

淋病は「淋菌」という細菌によって引き起こされる性感染症です。患者の数はクラミジアと並んで日本でも最上位を占めるもので、誰でもかかる可能性があります。男性の場合、ペニスから膿が出て激痛が走るなど強烈な自覚症状がありますが、女性の場合はそれがなく、おりものが増えるくらいの人が多いのです。

自覚がないので、治療せずセックスをしてしまい彼氏に移してしまうことがあります(元彼からもらった淋病を今の彼に移してしまうということです)。自覚症状がないことと病気が治ったことは違うので、そのまま放置していると不妊などの原因になります。突然腹膜炎などの重篤な症状が起きることもあるようです。

セックスだけではない、フェラでも、キスでも?淋病に?

どちらかが淋病になっている状態で、生のセックスをすると、3割近い可能性で相手に移してしまうと言われています。精液や膣分泌液に淋菌が含まれるので、それと性器の粘膜の接触が危険なんですね。一番可能性があるのは性器×性器の接触ですが、性器と口が接触するオーラルセックスでも可能性があります。

あと問題になるのがキスですが、これは見解が分かれているようです。すごく長時間ディープキスをすると、唾液から感染するという人もいますし、短時間ならば問題なしという人もいます。ただ、キス→セックスに流れると当然感染の可能性があります。また、ひょっとして彼氏が風俗に行ってたりすると、セックスがなくてもフェラをされて淋病をもらってくる可能性だってあります。

一番確実な予防法は、セックスの過程通じてコンドームを彼氏につけてもらうことです。フェラするときもゴム付きでやりましょう。味気ないかもしれませんが…。せっかく淋しくないのですから、たくさんセックスして愛し合う中で淋病になるリスクを回避していきたいものです。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。