フェラチオに潜む危険とは?

I love when he's kissing of me neck

7割がやっているフェラチオ。知らない間に感染者!?

フェラチオとは口や唇、舌などを使って相手の性器を刺激する性行為の事です。若い世代は約70%もの人が性交渉の際に行っているという調査もあり、その際にコンドームを使用しているのは約20%程度です。

セックスではコンドームを使用しているから性感染症の予防ができていると思っている人も少なくありませんが、性感染症の中にはフェラチオで感染するものがあります。性器から口へ、口から性器への感染だけではなく、口から口へ感染するものもあり注意が必要です。

性病は症状がなくても潜んでいる!

フェラチオで感染する感染症は数多くありますが、今回は4つの病気をご紹介します。

「クラミジア感染症」
最も多い性感染症です。感染しても自覚症状がほとんどないため、初期の子宮頸管炎では約80%もの人が感染に気付かず悪化してしまい、卵管炎や卵管癒着、肝臓周囲炎など起こしてしまいます。また不妊症や子宮外妊娠の原因にもなります。

「淋菌感染症」
淋菌という菌が感染し、女性では自覚症状がないまま子宮頸管炎が起こります。自覚症状がないため放置し悪化してしまうと強い下腹部痛を伴う骨盤腹膜炎や肝臓周囲炎を引き起こす事もあります。男性は尿道炎を引き起こします。

「ヘルペス感染症」
唇や口の中、喉、女性では性器周辺、男性では亀頭や包皮などに痛みを伴う水ぶくれやただれができ、一度治っても再発を繰り返します。症状がない状態でも感染状態は続いています。

「梅毒」
唇や口の中、喉、女性では性器周辺、男性では亀頭や包皮に痛みのないしこりのようなものが出来ます。しこりは痛みのないまま次第にただれてゆき自然に良くなっていきますが、感染状態は続いており、感染から約3ヶ月で手のひらや足の裏などに乾いた発疹が現れる全身感染となります。

性器に淋病やクラミジアの感染がある人の10から30%は、口腔内(口の中)にも同様に感染しているとの報告もあります。またフェラチオで感染する可能性があるものの中にはHIVもあります。性器から口に感染した場合は特に自覚症状が無い場合が多く、知らないうちに感染が広がってしまう危険があるため注意が必要です。

えっキスだけでも?超ド級の感染力!単純ヘルペスウイルス

通常のキスであれば口の中に淋菌やクラミジアに感染していてもうつる可能性は極めて低いのですが、ヘルペス感染症は非常に感染力が強く、皮膚と皮膚の接触で感染する可能性があります。症状がでている人とのコップやタオルなどの共用で感染の危険性があるだけでなく、目に見える水ぶくれやただれなどの症状がない場合も感染する事もあり注意が必要です。

また単純ヘルペスウイルスに一度感染すると症状は治まったとしても、ウイルスは生涯体内に留まり、体調が悪い時などに繰り返し再発してしまいます。

フェラチオもセーフティーに。知っておきたい「性病」予防法

自分自身の感染を防ぐ事はもちろんですが、パートナーへの感染を予防するためにもセーフティーセックスが大切です。フェラチオだからといって無防備に行為をするのではなく、男性用コンドームだけでなく女性用コンドームの使用する、不特定多数の相手とのセックスを行わないなどに注意しましょう。

また性器を傷つける行為、衛生状態が悪い場所での行為は行わない、セックス前はシャワーなどで体を清潔にする事も大切です。また症状がない場合も多いため、定期的に性感染症にかかっていないか検査をすると良いでしょう。もしかしたら…と不安なまま過ごすより、早期発見のためにも検査や検診の受診をお勧めします。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

【参照サイト】
厚生労働省(オーラルセックス(口腔性交)による性感染症に関するQ&A)
メルクマニュアル(単純ヘルペスウイルス感染症)

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。