性病だけじゃない!とっても怖い「子宮内膜症」

Fotolia_53887396_Subscription_Monthly_M

セックス中お腹が痛い…それって性病じゃなくて

セックス中に鈍い痛みや突き刺さるような痛みを感じたことはありませんか?

潤い不足や挿入角度の問題、相性が悪いからと考え、性感染症を疑っている人もいるかもしれません。しかしその原因は子宮内膜症という病気の可能性があります。

子宮内膜症は本来、子宮の内側にしか存在しないはずの細胞が子宮以外の卵巣や腹膜などで生理周期に合わせて増殖や剥離を繰り返す病気です。

20代-40代の女性に多く、子宮内膜症自体が命にかかわることはありませんが不妊症の原因にもなっています。自覚症状がなく進行する場合もあるのですが、多くの人がつらい生理痛を訴えます。

原因不明?!誰でも子宮内膜症になる可能性が

子宮内膜症はその原因がはっきりと解明されていない病気です。

仮説として、経血がなんらかの原因で逆流してしまう「子宮内膜移植説」や、何らかの原因で腹膜が子宮内膜に変化してしまうという「体腔上皮化説」などがあります。いずれにせよ子宮以外の腹膜、卵巣、子宮と直腸の間のくぼみ(ダグラス窩)などほとんどが骨盤内で発生します。

子宮という名前がついているため、女性だけがかかる病気のように感じますが、ごく稀に男性が発症する事や脳や肺に出来る事もあるため、環境ホルモンであるダイオキシンの影響があるのではないかとも言われています。

我慢できないくらい痛い!下腹部痛にご注意

通常の月経であれば経血は子宮から膣を通り外に排出されるのですが、子宮以外の場所では排出される事なく蓄積されてしまい、炎症や組織の癒着(組織同士が不必要にくっついてしまう)などのトラブルを起こしてしまいます。

子宮内膜症で子宮以外にできた細胞も月経と同様の働きをするため、月経を重ねるたびに症状が重くなってゆくのです。

次第に市販の痛み止めでは効果がないほど、我慢できないほどの痛みを感じるようになってゆきます。

月経痛がひどい、月経時以外にも下腹部が痛い、経血量の増加、骨盤痛、腰痛、排便時痛、性交痛などの症状がある場合は、無理に痛みを我慢するより一度検査してみたほうが良いかもしれません。

手術?再発?大切なのは早期治療

子宮内膜症の治療は大きく分けると手術とお薬を飲む2種類があります。

女性ホルモンの影響で増殖するため、一時的に月経を止めるような治療やピルを使用して治療で女性ホルモンを調節します。しかし治療を終了してホルモンの分泌が元に戻ると、再発しまた症状が悪化することがあります。

手術では傷が少なくてすむ腹腔鏡手術やお腹を開く開腹手術により、保存療法という病巣部のみを切除する保存手術または子宮と卵巣を全部摘出する根治手術が行われます。手術を受けた後に再び悪化するのを防ぐために、薬での治療を行う事もあります。

病気の進行や年齢、今後の妊娠の希望などを考慮しどの治療を行うか選択されます。子宮内膜症は閉経後に卵巣からのホルモン分泌がなくなり、症状が治まってくるまで長期にわたって付き合っていかなければならない病気です。

原因不明なため明確な予防法がないため、特に将来妊娠を希望している人は定期的な検診を受ける事が大切です。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。