ク、クサイ…その口臭…性病かもしれませんよ?

Fotolia_89099969_Subscription_Monthly_M

性病は口の中もお好き?

性感染症(性病)が性器だけでなく口の中にも感染することはご存知でしょうか?全ての性感染症というわけではありませんが、一部の性感染症は口の中に感染します。その代表的なものは淋菌感染症、クラミジア感染症、ヘルペス感染症、トリコモナス症、梅毒などです。

性器から口への感染や、逆に口から性器へ感染します。

通常のキスでは口から口への感染の可能性はあまりありませんが、絶対に感染しないという事ではなく可能性が低いだけで感染のリスクはあります。性器での感染では独特の症状が現れる性感染症でも、口の中では症状がないことも多く、気づかないうちに他の人へと感染を広げることも少なくないため注意が必要です。

しかし、全て症状が現れないのかといえば、そうではありません。口や喉に感染した病原体が口臭の原因になることもあるのです。

口が生臭い!原因はトリコモナス症?

トリコモナス症はトリコモナス原虫が寄生し感染するのですが、性交渉だけではなく下着やタオル、浴槽、便座などが感染経路となることもあります。

女性も男性も自覚症状が現れない場合もあり、感染に気付かない事も少なくありません。性器への感染で女性は泡状でニオイの強い黄緑色のおりもの、膣が過敏になる、痛みを感じるなどの症状が現れます。

男性は症状が出にくいですが、排尿時痛や陰茎から泡のような膿が出る事があります。トリコモナス症はおりものが生臭いくなる特徴があり、口への感染でも同様のニオイがする事があります。

原因はトリコモナス症だけじゃない!

性感染症が原因の口臭は、トリコモナス症だけでなく淋菌感染症、カンジダ症も口へ感染することで独特のニオイがすると言われています。

淋菌は喉の奥の咽頭炎や扁桃腺の原因にもなるため、慢性的に咽頭炎や扁桃炎になるひとは、もしかしたら淋菌に感染しているかもしれません。

口臭の原因は様々ですが、マウスケアをしっかりしてもニオイが消えない、パートナーの性器のにおいと口臭が近い、自分も同じようにニオイがするという場合は性感染症に感染しているかもしれません。

口の性病はどこに行けばわかるの?

性感染症の検査は保健所や婦人科、泌尿器科、性病科などで行いますが、保健所では口の中の検査は行いません。口に性感染症の感染がある人の多くは性器にも感染しています。また複数の性感染症に感染している確率も高くなります。

確実に検査や治療を行うなら、婦人科や泌尿器科を受診したほうがいいでしょう。性器だけではなく口にも感染の疑いがあると医師に伝えれば、口の中も性器と同様に検査してもらえます。オーラルセックスを行う習慣がある人は、性器だけでなくオーラルの性感染症にも注意しましょう。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。