処女だから性病にはならない!キスやフェラが原因の性病があるんです

Fotolia_98756452_Subscription_Monthly_M

なんで?セックス以外にも潜む性病リスク

性感染症(性病)にはクラミジアや淋病、梅毒、膣トリコモナス症をはじめいくつかの種類がありますが、セックスを行わなくても感染してしまうものがあるのをご存知でしょうか?

性感染症に感染してしまった時や感染が疑わしい時に、自分は処女だったからという理由で、原因は男性側にあると決めつけてしまってはいけません。性行為を行ったことがある人の方が性感染症に感染するリスクは高いのですが、処女(バージン)であっても口の中や性器が性感染症に感染している可能性はあるのです。

日常生活のなかで性感染症に感染することはあまりありませんが、本人も知らないうちに感染してしまうケースもあるため注意が必要です。

挿入がなくてもある性病リスク

キスやフェラだけでも性感染症に感染してしまうリスクはあります。相手がヘルペス、クラミジア、淋菌感染症、マイコプラズマ感染症などに感染している場合、キスやオーラルセックスだけでもこれらの性感染症に感染してしまう危険があります。また口の中に傷がある場合は、血液を介して感染する危険があるHIVやC型肝炎の感染リスクも高まります。

特に感染力が強いと言われているのはヘルペスウイルスです。キスやオーラルセックスだけでなく、コップや便座、お風呂の椅子などに感染者の分泌液が付着していると感染してしまう可能性もあります。

挿入がない場合でも性器同士をこすりつける行為や、手に粘液が付いたまま性器や口の粘膜に触れると感染してしまうケースもあるため注意が必要です。

キスもフェラもしてない!それでも…

性感染症の中で膣トリコモナス症や毛ジラミは温泉やプール、便器やタオルなどからも感染のキケンがあります。

膣トリコモナスや毛ジラミは原虫と呼ばれる小さな虫が原因となります。他の感染症とは異なり、感染者の体からタオルや便座、マット、タオル、寝具などにこぼれ落ちても、原虫はしばらく生き続けます。そして感染力が非常に強いため、家族間や友人間で感染してしまう危険があるのです。

性器カンジダ症は、原因となるカンジダという真菌が健康な人の身体にも存在しており。病気やストレス、疲労などで体の免疫力や抵抗力が低下した場合、症状が現れる事があります。

近年はファッションとして刺青(タトゥー)を入れる人が増えていますが、刺青が原因で血液を介して感染するHIVやC・B型肝炎ウイルスに感染してしまう事があります。彫師や掘ってもらう場所によっては、針の使い回しや衛生管理ができていない場合があり、これらの感染症に感染してしまう可能性があるのです。

性病は他人事とは思わないで!

性感染症に限らず、感染症の多くは自分の皮膚に湿疹や傷がある場合や、疲れやストレスから免疫力が低下している時には特に感染リスクが高まります。性感染症は挿入があるセックスだけではなく、キスやオーラルセックス、刺青などでも感染のキケンがあります。また家族や友人などの近しい人からの感染の場合など、いくら予防をしていても防ぐ事が難しいケースもあります。

性感染症検査のために病院に行くのはちょっと…という人は、保健所や検査キットなどでの検査を行ってみてはいかがでしょうか。

初めての性行為を行う前に感染の有無を確認することで、自身の身の潔白の証明にもなります。症状が現れた場合や検査で感染が疑われるような場合は、初期であれば薬ですぐに治る場合も多いため迷わず病院で治療しましょう。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

【参照サイト】allabout(キスだけで感染してしまう性感染症とは)

【この記事について】特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。