抗菌作用が高いもので洗えば性病にならない?感染リスクと石鹸選びの重要性

Child taking bath. Little baby in a bath tub washing hair with shampoo and soap. Kids playing with foam and water splashes. White bathroom with window. Clean kid after shower. Children hygiene.

相手がいきなり膣内射精してしまった、あるいはフェラチオ中に口内射精してしまったなど、性器から出る分泌液と粘膜との接触は性感染症のリスクを高めます。「妊娠を防ぐために膣内をコーラで洗う」などという都市伝説もありますが、性器周辺を石鹸などできれいにすることは病気の予防に効果があるのでしょうか。ここでは性病と石鹸などの洗剤について考えていきたいと思います。

石鹸と性病

精液が一度粘膜に触れてから石鹸などで洗っても、完全に病気を予防することはできません。風俗店などで使われる薬用石鹸などは抗菌作用が高く、医療用(手術の時などにも使われる)としても使用されるのですが、性病の感染になる粘膜と粘膜の接触ではそれほど石鹸は効果がないのです。

なぜならば、粘膜間から直接病原菌やウィルスが侵入するので、洗った時には時すでに遅いケースがほとんどです。薬用石鹸には「トリクロサロン」という殺菌成分があるのですが、「事後」に使用しても効果はあまり期待できないと考えてください。

ただし、不潔な状態でも問題がないのとは違います。セックスする際には事前に入浴したりシャワーを浴びたりしますよね。性器と性器の結合、粘膜と粘膜の接触が行われるわけですから、性病に感染していなくても雑菌が入ってしまい、他の病気や炎症を引き起こすことも考えられます。セックスが清潔な状況でということは基本です。

そのため、以下のように考えてください。

・性病予防効果→どんな石鹸を選んでもあまり効果がない

・性病以外の病気や炎症予防効果→殺菌、抗菌作用のある石鹸で事前によく洗う

性病予防のためにはセックス時に粘膜が触れないこと=コンドームを使用することがやはり大切になります。もちろん石鹸で清潔にすることは大切です。

あそこの洗いすぎには注意

1点注意していただきたいことがあります。

それが洗いすぎです。

性器の粘膜は非常に敏感でもろいものになっています。少し強くこすっただけでも傷がつく、出血してしまうなんてことがあります。この傷が良くないのです。傷がついてしまうとそこから性病の原因が入り込みやすくなってしまいます。出血しているのならばなおさら、血液には病気の原因が濃縮されています。

したがって、洗いすぎることや刺激が強すぎる石鹸の使用は控えていただくことが重要です。良く泡立てたスポンジで優しく性器をきれいにする、そのようなやり方で清潔を保ちましょう。ごしごしこすっても逆効果になってしまいますし、肌には外部からの刺激を守るための良性の菌も存在しています。それまで洗い落としてしまうと良くないですよね。

これらを踏まえて、「石鹸による洗浄は重要。でもあまり刺激が強いものではなく、必要以上に行わない」ということを意識してみてください。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。