アラサー産婦人科医が覆面で「内診&子宮頸がん検診」をやってみた! 私の「卵巣」は大丈夫なのか<前編>

Doctor that have entered the chart
※写真はイメージです

こんにちは! 大阪の某都内で産婦人科医をしてますアラサー産婦人科医のルミです。

 

今回は、私の「初体験」をプリエ読者にご紹介します。

 

なんと、産婦人科医なのに生まれてこのかた32年、内診を受けたことが無かったんですね!(゚д゚)!

 

 

産婦人科なのに!!

 

 

ぶっっちゃけ「内診」が怖い!!!

 

産婦人科医として、これまで人のアソコを何千人と見てきましたよ

 

人により色んなバリエーションがあって、

 

大抵のアソコでは驚かなくなりましたよ。

 

あと1000人くらいみれば、

 

顔を見ればアソコが思い浮かぶようになれると思います(ウソ)

 

そんな私でも

 

「内診」が怖いんですよ!!!(´;ω;`)

 

 

しかし、アラサーもとっくに過ぎたあたりから、、、、心配になってきました。

 

(;´Д`) オイラの「子宮」・・・ 大丈夫かよ!

 

(;´Д`) オイラの「卵巣」ちゃんと動いてるよね?!

 

。。。てか卵巣ついてる?

 

(;´Д`) 「子宮頸がん?!?!」

 

(_; こわ~ーっっ!!

 

 

※注(スタッフコメント)本物の女医さんです。

 

 

と、いうわけで。。。。

 

初めて産婦人科に行ってきました!!(患者として)

 

とりあえず、家から近い産婦人科を検索。。。。。

 

口コミを調べて。。。

 

 

(;´Д`)(こ、ここの産婦人科クリニックなら大丈夫そう・・・・)

 

 

 

<検査 当日>

Doctor to write to the medical record
※写真はイメージです

 

( ?????;) ドキドキドキ(もちろん自分が産婦人科医であることは伝えていない)

 

受付のキレイなお姉さん 先にトイレ行ってきてくださいね~~

 

ワタシ (;・∀・) あ、そうだった。(※内診前はトイレを済ませておきましょう)

 

 

トイレを済ませ、そそくさと診察室へ・・・

 

 

看護師さん はい、じゃあそこで下全部脱いで内診台に座って~~

 

ワタシ (;・∀・) あ、ズボンで来てしまった。。(※内診の時はロングスカートが着脱がラク)

 

 

いざ! 内診台が動き出す。。。。。

 

 

( ?????;) ドキドキドキ

 

 

先生 はい、じゃあしますねーー

 

 

ワタシ (;・∀・) キンチョ~~~!!!!!

 

 

(゚д゚)  !!!!

 

 

(゚д゚)! ぎゃ、ぎゃーー!!

 

 

痛・・・・・・くなーーーーーい!!!

 

 

先生 はい、終わりました~

 

ワタシ (゚д゚) え? もう終わり?

 

看護師さん はい、終わりでーす。パンツ履いてね~

 

ワタシ (゚д゚) え? もう終わり?

 

 

と、いうわけで。。。

 

 

思っていたより「内診」は痛くありませんでした~! \(^o^)/

 

 

今まで「内診」やる方だったけど、、、

 

「内診」を受ける側になってみると。。。。

 

めちゃめちゃ~緊張しますね。

 

産婦人科に行くの、面倒ですよね。(´;ω;`)

 

はい。分かります。(´;ω;`)

 

でも!

 

最近「子宮頸がん」は、若い人達の間でめちゃめちゃ増えてます。

 

日本では1年に2900人の女性が子宮頸がんで亡くなっています(参照資料1)。

 

子宮頸がん検診は2年に1回受けることが推奨されています。

 

市町村から補助が出ており、安く受けられることが多いです(※参照資料2)。

 

あなたも、ぜひ受けてください。

 

子宮頸がん検診!

 

アラサー産婦人科医が覆面受診で経膣エコーをやってみた! 私の「卵巣」は大丈夫なのか<後編>に続きます

病院へなかなかいけない人は「子宮頸がん検査キット」がおすすめです。
自宅で簡単に検査ができます!
【参照サイト】資料1:日本医師会 子宮頸がん検診資料2 日本医師会 各自治体のがん検診窓口

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。