セックス以外でも感染するカンジダ症…実は周りにたくさんいる「なりやすい人」

Women are looking at the laptop with a cup of coffee

性感染症(性病)として広く知られている(性器)カンジダ症。実は、セックス以外で感染する事が多いって知ってましたか?
セックスが原因のカンジダ症は5~10%程度とすごく少ないんです。カンジダ症は自分自身が原因でなる事がほとんど。
「カンジダになったかも…ビッチだと思われたら恥ずかしい」と思う必要は全くありません。
今回はカンジダ症の仕組みや、なりやすい人についてのお話です。

そもそもカンジダ症って?

カンジダ症の原因はカンジダ菌と言って、いわゆるカビです。カビが膣内に入ったことで感染します。このカンジダ菌は皮膚、口腔内や消化管にいて、その場所では常在細菌といって外部から侵入した菌を倒すという役割を果たします。
しかし、カンジダ菌が増えすぎたり、自分の陣地以外の場所に行くと、悪い菌となって働きます。
そのため、セックスやオーラルセックスなどで菌に感染しやすくなります。

「おりもの」の異常に注意!

カンジダは菌なので自分が感染した状態のままセックスをすると、当然相手にもうつすことになります。カンジダ症は自覚症状がなく気づきにくい事があるので注意が必要。

症状が出る場合は、酒粕やヨーグルトのようなおりものと強いかゆみです。これらが出たら残念ながらカンジダ症確定です。 放っておくと排尿障害を引き起こしてしまうので、病院へ行きましょう。病院に行って膣内に薬をいれたり、膣の周りの皮膚に外用薬を塗って治療という流れになります。

「常在菌」について
腟の中には主にラクトバシラスという細菌がいて、腸や体の外から入ってきた菌から腟を守る働きをしています。
腟の中では普段からこのラクトバシラスやカンジダ菌などが、ちょうどいいバランスを保っています。しかし、菌のバランスが崩れるとカンジダ症になることがあります。

セックスの経験がなくてもカンジダに感染する可能性が

実はこのカンジダ症は、セックスの経験がなくても感染します。先ほどもお話ししたように、基本は自分の持っている菌で感染します。そのため、免疫力抵抗力が低くなっている時に感染しやすくなります。
ストレスや睡眠不足など、現代女性の悩みは、こんな病気にも直結してしまうため、注意が必要です。

ほかにも、風邪を引いたと言って病院に行き、長期間抗生物質を飲んでいた場合にもなる事が。
抗生物質を飲んでいる場合は、体にいる他の菌を殺してしまうためカンジダ菌が増えることがあります。

こんな人が、カンジダになりやすいんです!

カンジダ症になりやすい人がいます。それは、長い時間デスクワークをしている人です。事務職の方や学生さんなど、長時間仕事やパソコン、授業の為に座る事が多い方は注意が必要です。

長時間座っていると、陰部は常に湿潤環境となります。カンジダ症はカビのため、このようなジメジメとした環境を好みます。それに加え、梅雨時で気候的にジメジメしていたり、生理中や生理でなくても下着が汚れるからとナプキンを使用していた場合、菌の温床となります。そして、カンジダになりやすくなってしまいます。

ほかにも看護師や介護士など、業務が多忙でなかなかトイレへ行けないような職業の人も膣が不衛生となりやすく、カンジダ症になりやすいです。また、職業ではないけれども、糖尿病がもともとある人、それからぽっちゃり体型の人、妊婦さんもなるカンジダになる可能性が非常に高いです。

どうやって予防する?

カンジダ症の予防はまずは清潔を保つこと。セックス後など、特に陰部をきれいに洗いましょう。その時、膣の中に手を入れてゴシゴシしたり、爪を立てたりするとかえって他の感染症を引き起こしやすくなるので、泡立てた石けんで優しくこすらず撫でるように洗うといいでしょう。洗いすぎると、腟を守ってくれる他の常在菌まで洗い流してしまいます。

ムレやすい下着やストッキングはやめて、ゆったりした素材のの下着をはくようにします。陰部を清潔で乾燥した状態に保っていれば大丈夫。

また、上記の人は、こまめにナプキンを取り替えたり、陰部をジメジメさせないような環境作りしていきましょう。あとは、免疫力の低下が感染の原因となるということなので、よく食べ、よく笑い、よく寝て過ごす。これが1番の予防となるのではないでしょうか。

放置しないで病院ですぐ治そう

まずは病院へ。他の病気が隠れているかもしれないので、おりものを採ってきちんと検査します。
治療法は基本的には予防と同じ。ゆったりした下着を着て陰部を洗いすぎないようにします。
かゆみがひどい場合は、塗り薬や飲み薬で治療します。少しでもおかしいと思ったら一緒に病院へ行きましょう。

生活習慣に気をつけてならないように気をつけよう!

セックスをしなくても発症するカンジダ症。現代女性のライフスタイルはカンジダ症のリスクにかなり直結しているものが多いです。
また、カンジダ症は繰り返し発症し、慢性化してしまいやすい病気です。
生活スタイル見直して、生活習慣病だけでなく、カンジダ症にならないように予防していきましょう。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。