ついヤリ過ぎちゃってませんか? デリケートゾーンのケア

Blue eyes siberian husky puppy taking a Bath

ちゃんとできてる? 臭い&かゆみ対策

多くの女性がデリケートゾーンで気になるのが、臭いやかゆみ。アソコが臭うなんて、女性としてはちょっと恥ずかしいですよね。絶対カレには知られたくないですよね! そんなデリケートゾーンのケア、

「体の他のパーツと同じ洗い方でいいの?」

「ちゃんと洗わなきゃ!」

と思って、デリケートゾーン専用の石鹸やパック、ジェルなどを使っている人もいるのでは? でもそのケア、間違ったやり方をしていると大変なことに!

「膣の自浄作用」を止めないで!

デリケートゾーンは複雑な構造になっているため、汚れやすいんです。だからといってあまりに念入りに洗うのはNG。実は、膣には病原体や悪玉菌の繁殖を抑える働きがあるんです。これを「膣の自浄作用」と言います。

この働きにより性感染症などを防いでくれているのですが、洗い過ぎたりケアをし過ぎたりするとその自浄作用が弱くなってしまうため、かえって逆効果になってしまうんです。

だから、専用の石鹸やジェルを使うのももちろんいいのですが、やり過ぎには注意してくださいね。

膣内までゴシゴシ洗う必要はありません

デリケートゾーンは、当たり前ですが基本は優しく洗いましょう。石鹸やボディソープは手や泡立てネットなど、直接触れても優しいものを使います。もちろんデリケートゾーン専用の石鹸もOK。細かい部分に垢(アカ)や汚れがたまりやすいため、指の腹を使ってこすり過ぎずに気をつけて洗います。ただし、膣内まで洗う必要はありません。洗い終わったら最後にシャワーですすぎます。

きちんとした洗い方をするだけで、今まで気になっていた臭いやかゆみがなくなる、なんてことも。性感染症予防にもなる正しいケア方法を、毎日心がけてくださいね。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。