絶対に知っておくべき〝ワンナイトラブのお作法〟3つ

ベッドの上の裸のカップル

ワンナイトラブは生き方や性格によって、賛否がハッキリと分かれる話題です。しかし「実はしたことある」という女性は、意外と少なくないもの。「経験はないけれど憧れはある!」という女性もいるかもしれませんね。

「ワンナイトラブ」どうしてしちゃうの?

ワンナイトラブのきっかけとしてもっとも多いのは「楽しい雰囲気に流されて」というパターンではないでしょうか。「飲み会で酔いすぎてしまって……」「久しぶりの夜遊びでハメを外してしまって……」と、ハプニング的に起こることが多いものです。

ついしたくなってしまうワンナイトラブの魅力とは、どのようなことなのでしょうか?

まず人間の心理には「ダメと言われることほどしたくなる」傾向があります。加えて「ストレス解消」や「非日常的な楽しさを味わえる」ことも、ワンナイトラブをしてしまう理由として挙げられるでしょう。長いお付き合いを想定している恋人には言いにくいことも、一夜限りの遊び相手になら言えるということもあるかもしれませんね。

知っておくべき「お作法」3つ

一夜限りの遊びだからこそ、絶対に後悔したくありませんよね。さて、こちらでは「ワンナイトラブのお作法」3つをご紹介していきます。

①まずは楽しむこと

どんな遊びでも、まず大切なのは「楽しもうとすること」です。せっかく非日常的な夜を過ごすなら、思いっきり楽しんじゃいましょう! また、あなたにとって「ともに楽しく過ごすことができる相手かどうか」を見極めることも大切ですよ。

②コンドームは必ず着ける

どんなに雰囲気が盛り上がっても、コンドームは必ず使うようにしましょう。計画性のない妊娠を防げるばかりか、性病感染のリスクを低めることができます。

③連絡先を聞いておく

こちらは「お互いに気に入ったらまた会えるように」以外にも理由があります。それは、万が一相手が性病を持っていたら……というリスク。性病に感染している自覚がないケースだって、十分に考えられますよね。

自己責任で楽しむべし

基本的には楽しいものであるはずの、ワンナイトラブ。しかしノリや気分次第で足を踏み入れることができる分、いつでもリスクと背中合わせであることを覚えておきましょう。あなたが少しでも危ないと感じるような相手には、絶対について行ってはダメですよ。

万が一トラブルに見舞われてしまったときのために、しかるべき対処を取れるよう知識をたくわえておくことができると、さらにいいですね。ワンナイトラブで生まれるリスクは、おもにあなたの身体にかかわること。「自分の身体は自分で守る!」という、強い心がまえが大切なのです。

もしもあなたがピンチに陥ってしまっても、誰も助けてくれないかもしれません。シビアなようですが、これが現実です。「ノリでついていったら大変なことになってしまった……」なんていう事態にならないように、まずは少しでも知識を取り入れておいてはいかがでしょうか?

文:カサイユウ

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。