デリケートな場所のかゆみ・痛み・かぶれには要注意

下半身を抑える女性

アソコが痛い・かゆい・熱い!?
デリケートな場所だから相談するのが恥ずかしいし、診断してもらうのはもっと恥ずかしい。
毎日ちゃんとしてたはずなのに「どうして!?」と思ったら外陰炎になっているかもしれません。

 蒸れすぎ注意、放置すると外陰炎の原因になる!

外陰炎は生理用品などによる摩擦や、通気性が悪い下着によりなる事があります。
アソコが蒸れたり、かぶれて非感染性外陰炎を起こす事があります。
そして、炎症が起きている状態になり、病原菌が感染することで感染性外陰炎になります。

 非感染性外陰炎 → 感染性外陰炎

・通気性の悪い下着や生理用品の摩擦

・蒸れ

・生理用品や洗浄剤などの科学的刺激

・気にしすぎてアソコの洗いすぎ

・月経血の刺激

最初から外陰炎になるのではなく、気になるアソコが炎症を起こし、そこに細菌・ウイルス(性病)・カビなどで炎症を起こします。
炎症が起きている状態でセックスなどで性病をうつされたりすると、外陰炎+αのダブルパンチという悲しい思いをするかもしれません。

  かゆみなどの症状が出たら我慢しないで婦人科へ

初期の段階で、赤み・かゆみを放置していると患部が腫れ痛みを伴うようになります。
さらに放置すると、悪臭を放ち膿がでるようになります。
ここまで来ると、早く産婦人科に行って診察してもらったほうがいいです。

よくあるのは外陰炎の症状に加えて、おりものに血が混じったり、膣内にもかゆみがあり、性交時に痛むといった症状が出てくる場合です。膣炎を起こしている可能性が非常に高いため、外陰炎と膣炎の二重苦になっている可能性があるため、治療する必要がでてきます。

我慢して放置してしまうと、肛門周辺から足の付け根まで炎症がおこり、歩行に支障をきたすまでになります。

傷を作らないように治療が必要

症状が軽いうちは、アソコのトラブル用に市販されている軟膏などで対処するのは良いと思いますが、症状が改善されないまま使用していると、悪化してしまい外陰炎 になってしまう可能性があります。
また、間違っても、かきむしったりしないようにしましょう。

やはり、少しの症状でも大事をとって病院に行くことが重要です。

婦人科で医師の診察を受けると問診・内診・患部の視診の他、おりものの検査が行なわれます。外陰炎の原因となっている細菌や微生物が何かを特定します。数日間、消炎剤や抗菌剤、抗生物質などの薬を続ける事で症状が軽減されていきますので、医師の指示に従って続けてください。

自己判断で中止すると、炎症が再発してまた痛い・かゆいなど余計な二重苦を背負ってしまいますので注意して下さい。

 予防のためでも、洗いすぎ注意

できる限りデリケートゾーンを清潔に保つことが大切です。通気性の悪い下着+ジーパンは避けましょう、蒸れて擦れて二重苦です。
生理用品なども長時間使わないようにしたり、使いまわしたりしないようにしましょう。

清潔にするあまり、洗い過ぎ(擦りすぎ)で傷つけてしまうと逆効果になりますので、やり過ぎないように気をつけましょう。

【参照サイト】
STD研究所(外陰炎)

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。