「セックス難民カップル」必見♡人気アオカンスポット3選 でも危険な性病が!

夜のカップル

アルバイトをするにもひと苦労……という学生時代には、「家だと親の目が気になる!」「ラブホテルなんて高くて行けない!」なんていう悩みが尽きないものでした。こんな経験、あなたにもありませんか?

学生カップルが「セックス難民」になる理由

彼と彼女どちらかの部屋でイチャイチャしようにも、自宅には親がいるということもあるでしょう。親にバレないように……と声を押し殺すセックスはとってもソソルものですが、細心の注意を払ってもベッドの振動や物音ですぐにバレてしまいます。

アルバイトをする時間が限られる多くの学生は、気軽にラブホテルに行けるような経済状況にありませんよね。それに汗水流して手に入れた大切なお金なら、できるだけ形に残るように遣いたいもの。

主にこのような理由から「セックス難民カップル」が生まれることになります。今回はそんなカップルたちを救済すべく、人気のアオカンスポット3選をご紹介します!

若者に人気のスポットはココ♡

まずアオカンスポットとして話題にのぼることが多いのは「駐車場の片隅」ではないでしょうか? 停まっている車が死角をつくり、通行人に目撃されることを避けられそうな穴場ですね。また物陰に隠れてするセックスは、ふたりの興奮度や親密度まで高めてくれることでしょう。

続いて人気が高いのは「公園」です。特に大きな公園は、春や夏など温かい時期になるとセックスをするために訪れるカップルも存在するほど。しかし秋や冬は寒く、梅雨の時期には雨風がツラいもの。季節や天候を選ぶアオカンスポットでもあります。

アオカンスポットとしてもっとも人気なのは、やはり「カラオケの一室」です。誰にもジャマされないふたりきりの空間で、イチャイチャしはじめて歯止めが利かなくなる……なんていうカップルも少なくないかもしれませんね。しかし、くれぐれもお店の迷惑になるような行為は慎んでおきましょう。

快感まかせの怖すぎる末路…「アオカンのリスク3つ」

アオカンはふたりの興奮を高めてくれますが、もちろんリスクもあります。

まず「覗かれること」。特に大きい公園は、覗きスポットとして知られていることがあります。そのため「公園でセックスするときは要注意!」……と言いたいところですが、覗かれるのがイヤなら最初からアオカンなんてしませんよね。

次に「性病にかかること」です。想像に難くありませんが、アオカンスポットはそのほとんどが不衛生。快適に過ごすことができそうなカラオケでさえも、性病にかかってしまう可能性はあります。誰が座ったかも分からないソファーに性器が触れるなんて、とんでもないことですよね。
「通報されること」も、忘れてはいけないリスクのひとつ。軽い気持ちでイチャイチャしつつ、肌を露出したところで通報されてしまったとなれば、言い訳のしようがありません。

快楽のままにアオカンを楽しむか、リスク回避を選ぶのか……。刺激的なセックスは悪いものではありませんが、それにまつわるリスクのこともぜひ覚えておいてくださいね。

文:カサイユウ

 

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。