女性器がかゆい・痛い場合に考えられることは?

女性

女性器周辺や膣内の「かゆみ」や「痛み」。
下着やナプキンなどが原因となっている事もありますが、性行為後に発症した場合は性病に感染している可能性も考えられます。
そこでかゆみや痛みから考えられる性病についてご紹介していきます。

 下着やナプキンは問題ないか

まず性病を疑う前に、下着やナプキンについて見直してみましょう。
女性器は下着やナプキンのサイズが合っていない場合、通気性の悪いものを使っている場合ですと”ムレ”が発生し、それがかゆみ・痛みの原因になります。
また汗や排泄後の尿などが染みこんでおり不衛生となっているとそれがかゆみ・痛みの原因になる事もあります。

もし、最近新しい下着・ナプキンを使い始めたり、下着・ナプキンを不衛生に使用していた覚えがある方は、それが原因となっている可能性も考えられます。

 生理中ではないか

生理中の場合は、経血やおりもの、汗などが多く分泌しますので、それが膣内に溜まったり下着に付着する事で性器のかゆみ・痛みの原因になりやすいです。特に夏場など湿気が多い季節での生理中にはかゆみ・痛みが発生しやすいものです。もし、生理中に入ったタイミングでかゆみ・痛みが始まった場合は、生理が原因である可能性が高いです。

 かゆみや痛みを伴う性病

下着・ナプキンに問題がない。生理中でもないのにも関わらず性器のかゆみ・痛みが続いている。かつ最近性行為をした覚えのある方ですと、以下の様な性病が疑われます。

・カンジタ症
軽度なかゆみ。白くポロポロしたおりものが出る。周囲の皮膚が赤っぽくなる。

 ・白癬症
軽度なかゆみ。白くポロポロしたおりものが出る。遠心状の湿疹がでる。

 ・尖圭コンジローム
軽度なかゆみ。乳糖状のおできが多数できる。

 ・外陰萎縮症
軽度なかゆみ。周囲の皮膚が乾燥する。

 ・毛じらみ
重度の激しいかゆみ。性器周辺に小さな白っぽい卵、毛じらみ虫が付着している。

 ・疥癬
重度の激しいかゆみ。皮膚に赤斑ができる。

 ・トリコモナス膣炎
かゆみを患った後痛みへ変わる。 泡状で黄白色のおりものが出て悪臭を放つ。皮疹が湿潤する。

 ・性器ヘルペス
かゆみを患った後痛みへ変わる。 赤色の豆状やブツブツ状の出来物が発生する。

性器にかゆみや痛みを感じる場合、上記の様な性病の疑いがあります。

特に、痛み・かゆみが激しく断続的に続く場合や、おりものや周囲の皮膚にも異常が見られる場合は性病の可能性があります。
不安な場合は医師の診断を受ける事をおすすめします。

【参照サイト】
アイ・ラボCytoSTD研究所

ソフィ(かゆみとかぶれ)

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。