私たちがオーラルセックスをお断りする理由5パターン

断る女性

女性にはセックスの状況や相手によって、積極的にフェラチオの体勢を取りたいシーンと、そうでないシーンがあると思いませんか? さて、女性はなぜフェラチオをお断りすることがあるのでしょうか。今回の記事では、その理由をすこしだけ掘り下げてみました。

拒否する理由①「生理的に苦手だから」

「男性の局部を舐めるのが苦手」というパターンです。同性の友人に話を聞いてみたところ、フェラチオに苦手意識を持っている人は確かに存在します。

またフェラチオへの苦手意識が生まれる背景には、男性のカラダの衛生管理が十分ではないというケースもあげられます。愛情を持って気持ちよくしてあげたいとは思っていても、我慢できないほどのニオイやヨゴレの前ではどうしようもありませんよね。

拒否する理由②「どうすればいいのか分からない」

「フェラチオのやり方が分からない」「気持ちよくしてあげたいけれど、やり方を間違えていたら恥ずかしい」というパターンです。女性は男性よりも、セックスの参考資料を目にする機会が少ない傾向にあります。そこから考えてみると、十分にあり得るお話ですね。

ときおり「自分からフェラチオをして、ふしだらなヤツだと思われるのが嫌」という意見を聞くこともあります。しかしこの理由なら、パートナー間の信頼度を高めていくことで解決に向かえそうな気がしませんか?

拒否する理由③「相手がクンニしてくれないから」

ときおり不思議に思うのは、男女のオーラルセックスに対する意識の差。私自身、これまでの経験から「フェラチオはされたがるのに、クンニをしたがらない男性のなんと多いことか!」と感じているところがあります。相手にフェラチオを頼まれたら「じゃあクンニもしてくれる?」と言えるぐらい、女性は強気になってみても良いのかもしれませんね。

拒否する理由④「次回はない相手だから」

一夜限りの遊び相手に対してであれば、この理由は理解できます。何ともドライな言い分になってしまいますが、極端に表現すると「フェラチオを頑張るほどの価値を見出せない相手だから」ということですね。

拒否する理由⑤「性病感染が怖いから」

性病についてすこしでも知識を持っていれば、この理由でお断りすることがありそうですね。たとえば咽頭クラミジアのおもな症状は、ノドに腫れや痛みなどの違和感が出る、ならびに発熱などがあげられます。しかしその症状から単なる体調不良と勘違いしやすく、自覚症状や感染していることに気がつきにくい性病でもあるのです。

「危ない橋を渡るぐらいならフェラチオは避ける」という選択は、もしかしたら賢明なのかもしれません。

文:カサイユウ

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。