「リスク」「道徳」は聞き飽きた!体験者が教える不倫をオススメできない本当の理由

ベッドの上にいる女性

一般的には「悪いこと」と辛辣な目を向けられることの多い「不倫」。しかしその反面では人々の関心を引き、世間を賑わせることも少なくはありません。不倫が悪いことだと言われるのは、主にこのような理由からではないでしょうか。

「相手のパートナーを不幸にするから」
「慰謝料など法的リスクが関わるから」
「道徳的に良くないことだから」

これらはもちろん真っ当な言い分ではあるのですが、しかしどこか優等生風でリアリティのない理由ばかりだと感じませんか?

さて今回の記事では、不倫についてもうすこし深掘りしてみましょう。不倫を経験したからこそ身体で理解することができた「不倫をオススメできない本当の理由」を解説していきます。

彼が離婚したら、どうなる?

不倫というものは不健全な男女関係ではありますが、なかにはお互いにきちんと愛情があるカップルもいます。さて、まずは「もし既婚者の彼が離婚したら……?」というパターンを想像してみましょう。

めでたいことに彼の離婚が成立し、彼と彼女は誰よりも近い存在となりました。しかし彼女は「誰かのパートナーを奪った悪い女」として、社会の厳しい視線にさらされることになります。世間の辛辣な評価に黙って耐え続けなければいけません。そのために人並み外れた図太い神経を必要とすることは、想像に難くないはず。

また不倫関係には「不倫フィルター」がかかっていることが多いもの。不貞や不義理ありきで成り立っている男女関係からその要素が消えてしまったとき、果たしてその関係は変わらずに続くのでしょうか? 不倫関係から「不倫」という要素がなくなってしまった途端、その恋愛は刺激を失い、つまらないものに感じられてしまうかもしれません。

不倫を理由に別れたら、どうなる?

相手を嫌いになって別れるのであれば、まだ気持ちが整理しやすいかもしれませんね。では「不倫=してはいけないこと」を理由に、彼とお別れするパターンを考えてみましょう。相手への好意や愛情を残したまま別れてしまうということですね。

人間の心は、数字のように簡単に割り切れるものではありません。彼への愛情を残したままムリヤリ別れてしまえば、彼女の心には彼の存在が残ります。いつまでも忘れられない恋愛として、彼女を苦しめることになるかもしれません。その苦しみは、彼女の心から彼の存在が完全に消える日まで続きます。

つらいもの…なら、どうしてするの?

基本的に、不倫はつらいものです。思いを寄せている相手と中途半端に向き合えない状態が続くのですから、つらいのも当然ですよね。それほどつらいのに、なぜ不倫に走る人があとを絶たないのでしょうか?

この理由を考えてみたとき、ふと心理学用語の「部分強化」を思い出しました。こちらは主にギャンブル依存症などの解説に使われる実験エピソードですが、不倫にも通じるところがあるように感じてなりません。

つらい不倫生活で感じられる幸せは、ノーマルな精神状態のときよりもはるかに刺激的なものに感じられるはず。一般的には良しとされない不倫は「つらいからこそ、してしまうもの」なのかもしれませんね。

文:カサイユウ