もう卒業しない?セックスで「感じてる」演技

問題があるカップル

「感じているふり」…あなたも経験ありませんか?

エッチの最中に、気持ち良くなくてもついしてしまうのが「感じている」フリ。女性でもたまに目にすることがあるAV。女優さんたちはみんな気持ちよさそうに感じていたり、絶頂に達するあまり豪快に潮吹きをしたり。これって「普通」のことなの? 感じていない自分がもしかしたら「異常」なのかも??

そんな不安を感じている女性も少なからずいるのではないでしょうか。一番の心配は、パートナーである男性を傷つけたくないあまり、気持ち良くなくても「感じているフリ」をしているのが、相手にばれているかどうかということ。今回は、男性から聞いた意見を参考に、「感じている演技」を卒業するにはどうすればよいかご説明します。

男性が見ている「意外なポイント」

数多くの女優さんたちのセックスを撮影したAV監督が語っていた「感じているか」の見分け方ですが、セックスの最中に脚がピーンと伸びたら女性が「気持ち良い」と感じていると見分けていたそうです。脚をピーンとすると言う行為を、自覚的に行っている女性はあまりいないのではないでしょうか。きっと女性にとっては「気づかなかったポイント」の人も多いと思います。

女性はエッチの時に気持ち良さを演出するために、意識的に「声を出す」人もいるのではないでしょうか。意外と男性側の意見では、あまりにも大げさに声を出す女性の場合「嘘っぽい」と感じる人もいるそうです。

むしろ、「声を出したいのに我慢している」という状況の方が「感じている」と判断されるケースもあるようで、女性が思う「感じている」フリと、男性が考える「気持ちがよさそう」な仕草は意外と違っていると言えます。

 「NO!」を言わなければならないのは、どんな時?

女性の中で、「セックスの最中、全部が気持ち良くないわけではないけれど、痛いときがあるから演技をしてしまう」という人もいるのではないでしょうか。男性からの性器への愛撫が痛い場合や、フェラチオの最中に、同意なしに乱暴にむりやり頭を押さえつけられるようなイラマチオをするなど、女性が不快に感じるプレイをする男性もなかにはいます。

この場合は、「感じている」フリは絶対にNG! 素直に「痛い」「もっと優しくしてほしい」と伝えなければ、いくら信頼できるパートナーでも、セックスの最中、ずっと我慢をしなければならなくなってしまいます。

「感じているフリ」は、セックス中のムードを壊したくない場合に必要だと言えますが、「我慢する」こととは違います。こうして欲しいという要望があれば、きちんと男性に伝えることが、本当に気持ちよくなれる一歩と言えます。

「感じている」フリも実は、大事なボディトーク

女性は男性と違い、射精と言うゴールがない分、本当に「気持ちが良いかどうか」を男性側も気になってしまうもの。男性によっては「イッた?」と聞いてくる人もいるかもしれません。まだ若い女性にとっては「イク」という感覚をつかむのも、難しいと言えます。AVのように毎回、気持ちよくなるには、普通のカップルでは時間がかかるかもしれません。

まず、一人エッチで感じることができるなら、「不感症」ではないのでご安心を。お互いの身体をふれあうスキンシップから、くすぐったりして「気持ち良い」という感覚を共有してみてください。会話ではなく自然に出てしまう態度で、「感じている」と伝えられるようになったら、言葉での「感じている」フリは卒業と言えますよ。

文:如月小百合

 

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。