面倒くさそう…って思ってない?「布ナプキン」使ってみたら意外とカンタンだった

布ナプキン

布ナプキンって何?

「布ナプキン」という言葉を聞いたことがありますか? 文字通り、布でできたナプキンで、使い捨てではなく洗って何度も使えるエコなアイテムなのです。

通常のナプキンのように、ドラッグストアなどに置いていないですが、ネットショップや自然派の商品が置いてある店で取り扱われています。布ナプキンは主に「綿(コットン)」で作られており、なかでも手触りのよいオーガニックコットンでできたナプキンを選べば、夏の時期のデリケートゾーンがむれたり、かゆくなったりするのが改善されることもあるとか。

価格は普通の日用が800円から1200円程度。大事に使えば何年も使えるので、コスト的には紙ナプキンより、安くなると言えます。

本格的に布ナプキンをスタートさせたいと思ったら、6枚から8枚ほど揃えれば快適に過ごせるそうです。

使い方は意外と簡単!洗濯も

布ナプキンの使い方は、今まで使っていた紙ナプキンと同じで、鮮血で汚れたら取り換えればOK。出かけ先で捨てることができないので、袋などに入れて持ち帰ります。外で使うのが嫌な場合は、家の中だけや外出しない日から取り入れてみて。

洗濯は、バケツの中に重曹を入れた水を入れてつけておけばすぐに鮮血が落ちます。一晩経っていなければ、水だけでもかなり落ちます。気になるタイプの人は、着け置き洗いをお勧めしますが、面倒くさがり屋さんの場合は、ネットに入れて洗濯機のドライやソフトな洗い方を選んでみては。

外に干してあげると、日光には滅菌効果があるので清潔さを守ることができます。意外と慣れてしまったら楽な布ナプキン。最初はトライアルセットなど少ない枚数から始めてみれば、負担にはなりません。

実は併用型も多い布ナプキンユーザー

友達と外出して帰宅が遅くなりそうな日、スポーツなど体を動かす日。布ナプキンは、今まで使っていた紙ナプキンと同じように使えますが、長時間替えられない時には、紙ナプキンやタンポンも併用するのもありです。

布ナプキンを使っていると、生理痛が軽くなったり冷え性が治ったという報告がありますが、生理周期が不規則な場合も、布ナプキンを使ってみるのもよいかもしれません。布ナプキンを使うようになって、自分の生理や子宮の状態に興味を持つようになれたら、一石二鳥といえますね。

紙ナプキンと違い、布ナプキンは手で洗うために自分の鮮血の量や色などに敏感になるという例もよく聞きます。体の不調をいち早く感じ取ることができるのです。

女性特有の悩み、生理痛とうまくつきあうには?

布ナプキンの魅力、伝わりましたでしょうか? 最近は、オーガニックコットンという素材以外にも、普通のナプキンにはないような派手な柄を取り入れたり、肌触りが良いものが作られるなど、生理が待ち遠しくなりそうな布ナプキン生活。

少しでも憂鬱な生理の期間を楽しく過ごしたいですよね。誰にでも経験がある、月経前症候群(PMS)や生理痛。アロマやヨガなど、リラックスできるような方法を、探してみるのも生理痛を緩和させる近道です。

女性の体はデリケート。少しでも不快な症状があったら、すぐに婦人科に。忙しかったり、恥ずかしくていけない時には、自分で検査ができるキットを使ってみるのもお勧めです。

文:如月小百合

 

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。