下着を脱ぐ前に知っておきたい!生理中エッチを楽しむ4つのコツ

Beautiful young couple being scared in bed

生理中のエッチは、基本的には決してオススメできるものではありません。その理由は、女性のカラダだけに振りかかるリスクが多いためです。私が思う生理中の女性へのリスクとは、おもにこちらの3つ。

  • 腹部や膣に痛みを感じやすい
  • 生理中は性感染症にかかりやすい時期
  • 身の回りのものが汚れてしまう

しかし「生理だけど、どうしてもエッチしたい!」という気持ちも否定できません。その理由はさまざまですが「彼に誘われて断りきれない」「断ったら彼に嫌われるんじゃないか?」「生理中のムラムラが抑えきれない」など、人それぞれでしょう。

今回の記事ではそんなときに使える、生理中エッチを楽しむ4つのコツを提案します。

①痛くなったらすぐやめる

生理中の女性のカラダは、すこしの刺激でも尋常ではない痛みを感じることがあります。ただでさえ生理痛でお腹が痛いのに、ムリに挿入などしようものなら、あなたはエッチすること自体を嫌いになってしまうかもしれません。

あなたのカラダのことは、あなたにしか分からないものですよね。痛みを感じたらムリは禁物。彼に正直に痛いと伝えて、中断しましょう。

②スキンシップまでにとどめる

ナプキン等に残った経血を彼に見られてしまうのは、生理中エッチで避けたいことのひとつ。私自身としては、排泄物を見られるのと同じぐらい避けたいことです。生理中は下着を脱がず、スキンシップまでにとどめてみてはいかがでしょうか?

また経血が流れ出すのを抑えるアイテムとして「海綿」を使ってみるのもひとつの手。もちろん海綿を使ったからと言って、いつものエッチのような挿入はできません。ですが、経血が流れ出すのを抑えることはできます。ドラッグストアなどで安価で買えるので、一度試してみるのも良いかもしれませんね。

・海綿の使い方
ハサミで適度な大きさに切り、水で湿らして膣内に入れます。
タンポンと同じく長時間の連続使用は避けましょう。

③ベッドにタオルを敷く

生理中エッチで煩わしいことと言えば、経血で身の回りのものが汚れてしまうことではないでしょうか? しかし洗濯では落ちにくいこともある、経血の汚れ。そのため生理中エッチでは、捨てても構わないタオルを使うのをオススメします。

あらかじめベッドにタオルを敷いておけば、汚れリスクを最小限に抑えることができますよね。

④バスルームでする

あなたが先にシャワーを浴びて、膣まわりについた経血を洗い流しておけば、汚れやニオイが目立ちません。またベッドでするエッチに比べると、身の回りのものが汚れないというメリットがあります。

しかし、生理中はどうしても経血が流れ出してしまうもの。生理中エッチの前には、彼にもその点をよく理解しておいてもらいましょう。

文:カサイユウ

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。


「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。