どんなセックスでもリスクが高い!感染ウイルスの性器ヘルペス

baby-443393_1280

あらゆるSEXでうつるので危険度は皆一緒!

ヘルペスという病名は聞いた事があるけれど性器ヘルペスとは一体どのような病気なのでしょうか?
感染方法と症状を知っておく事で彼もあなた自身も回避することができます! 正しい知識を覚えて病気を防ぎましょう。

オーラルセックス、アナルセックス、普通のセックス行為でも性器ヘルペスになる可能性があります。
つまり性行為全般で性器ヘルペスになってしまう可能性があるので危険度はかなり高めと言えるでしょう。

性器ヘルペスの症状は?

性行為で感染した日から2〜10で発症します。なにか異変をかんじたら直近の性行為で感染した可能性があります。女性と男性で症状も変わってくるので気づいたらすぐパートナーに報告しましょう! 感染している可能性が高いです。

では性器ヘルペスとは一体どのような症状がでるのでしょうか?

  • 男性の場合 患部にヒリヒリ感、かゆさを感じる。かゆみを伴った1〜2mmのブツブツができる。破れてただれる戸と強い痛みを感じる。
  • 女性の場合 水ぶくれやただれのようなものができる。排尿のときに強い痛みを感じる。
  • 男女共通の症状 発熱を伴う。同時に太もものリンパ筋が腫れたり痛みを感じる。太ももやおしり、肛門周辺に水ぶくれが出来る。

再発しやすい!性器ヘルペスの怖さはウイルスにあった!

男女共通で再発しやすい性器ヘルペスは初めての発症から一年以内に8割が再発すると言われています。なぜなら性器ヘルペスはウイルス性で現在のところ神経筋に潜伏したウイルスは殲滅することができないからです。

完治が難しい性器ヘルペス。感染してしまったら早めの対処と再発防止を心がけることが大切なポイントになります。

ストレスや過労は再発の原因になります。体に無理をさせないという点では性病だけに限りません。男女関係は時にストレスを抱えてしまう難しいものですが自分の体に正直になってストレスをためない事が一番の再発防止になるでしょう。

【参照サイト】
STD研究所(性器ヘルペス)

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。