20代からやっておきたい「妊娠のためのカラダづくり」3つのコト

Beautiful pregnant woman in the wheat field

女性がもっとも妊娠しやすい時期は、20代から30代前半と言われています。若いママに憧れて、20代前半での妊娠を望む人も少なくはないですよね。いますぐにとは考えていなくても「いつかに備えておく」というのは、とても賢い女性の生き方ではないでしょうか?

あなたがいつか「妊娠したい!」と感じたときのために、いまからカラダの準備を整えておきませんか? こちらの記事では、20代から考えておきたい「妊娠のためのカラダづくり・3つのこと」をご紹介します。

①カラダの違和感は放置しないこと

まずは生理不順について。生理日が予定から大きくズレたり、長いあいだ生理が来なかったり……。このような違和感は、カラダがあなたに不調を知らせたがっているということ。

90日以上ものあいだ生理が来ないことを「無月経」と呼びますが、これをそのまま放っておくと、妊娠しにくいカラダになってしまう可能性があります。

思い当たることがあるなら、婦人科やレディースクリニックで診察を受けてはいかがでしょうか? そこで問題があるようなら、しかるべき治療を受けましょう。カラダのはたらきを正常に戻して、妊娠しやすい状態にするということですね。

また性感染症にかかったまま放置しておくのは、将来を考えるととても危険なこと。症状が進行して不妊がリアルなものになる前に、しっかり治しておきましょう。自己管理のひとつとして、性感染症は定期的にチェックしておきたいですね。

②栄養を摂ること

日々の食事をバランス良く摂ることは大前提ですが、食事で補いにくい栄養はサプリメントなどで摂るのもひとつの手。あらゆる栄養の中でも、特に妊娠に良いとされているのは、ビタミンB郡の仲間である「葉酸(ようさん)」です。

葉酸は加熱や冷やすことで壊れてしまうため、食事から摂りにくい繊細な栄養と言われています。具体的な効果ですが、肌や髪の毛を健康に保つこと、血液をつくること、そしてココロの健康にも役立ってくれます。

妊娠しやすいカラダをつくることは、女性としての美しさを保つことにも大きく関係しているのかもしれませんね。

③月経痛を放置しないこと

突然ですが、あなたの月経痛はどうですか? 思うように生活ができないレベルの痛みやツラさを感じているなら、一度婦人科での診察を受けてみてはいかがでしょうか。

というのもこれまで実際にあった報告のうち、ヒドい痛みを放置したことで子宮内膜症が分かったケース、また経血量が多すぎることで子宮筋腫が分かったケースもあるのです。

限度を越える痛みや違和感なら、ガマンは絶対にするべきではありません。カラダが発する声をしっかりと受け止めて、より快適な生活を手に入れてみてはいかがでしょうか?

文:カサイユウ

 

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。