カラダのリズムが目に見える!「基礎体温」の正しい測り方、知ってる?

fotolia_67224843_subscription_monthly_m

基礎体温とは、睡眠から目覚めていちばんに測る体温のこと。ヒトの体温は食事をしたり、運動をすることで変動しますが、その前に測る「安静時の体温」のことですね。

基礎体温は1日だけ測っても、あまり意味がありません。毎日決まったタイミングで測り、折れ線グラフをつけることで、カラダのリズムや状態を知るためのものなのです。ただ、すこしの測り忘れ程度なら問題ありません。

しかし「習慣にしないと意味がない」というところで、やはり基礎体温=面倒なモノと思われがち。けれどちょっとの習慣でカラダの声なき声を知ることができるなら、やってみる価値はあると思いませんか?

知っておきたい「基礎体温の測り方」とは?

基礎体温は婦人用体温計、または基礎体温計で測ります。風邪のときに使う一般的な体温計では、正しい記録をつけることができません。

というのも一般的な体温計で表示される体温は、小数点以下ひとケタまで。それに対して婦人用体温計は、小数点以下ふたケタまで表示されるようになっています。婦人用体温計なら、より細かい数値を知ることができるんですね。

婦人用体温計は口でくわえて、舌の下に挟むようにして使います。必ず「目覚めたばかりの状態で」そして「毎日同じタイミングで」。このふたつのポイントを、よく覚えておきましょう。

そして1日ごとの結果を、折れ線グラフに書き出します。これを一ヶ月ほど続けると、カラダのリズムが目に見えてきます。正常にはたらいているカラダは「月経→低温期→排卵期→高温期→月経……」という一定のリズムを刻んでいますが、これを続けることで「いまカラダはどの時期を迎えているのか」が分かってきます。

オムロンヘルスケア提供の基礎体温記録シート

オムロンヘルスケア提供の基礎体温記録シート

基礎体温で分かること・メリットとは?

①カラダのリズムが分かるようになる

基礎体温の変動を折れ線グラフに記録することで、カラダが刻むリズムが目に見えるようになります。「そろそろ生理かな?」「もうすぐ排卵期だから、妊娠しやすい時期だ!」ということが、分かりやすくなるんですね。

②病気に気がつきやすくなる

カラダのリズムの狂いによって、病気に気がつきやすくなるというメリットがあります。

たとえば月経が終わったにもかかわらず高温期が続くなら、子宮内膜症の可能性があります。また予定よりも長く低温期が続くなら、月経はあるものの排卵していないというケースも考えられます。

どちらにしてもリズムの狂いが発覚したら、すぐに診察を受けてほしい状態です。

③妊娠に気がつきやすくなる

妊娠すると排卵期あとの高温期が長く続き、月経が来なくなります。このことから、妊娠に気がつきやすくなるとも言えますね。特に妊娠を望んでいる人には、基礎体温を測る習慣はぜひ試してほしい方法です。

④PMS対策に役立つ

高温期の終わりかけは生理前とぶつかるため、PMS対策を取りやすくもなりそうです。生理前にはカラダをゆっくり休める、また重要な予定は入れないようにするなど、日頃のスケジューリングに役立ちますね。

文:カサイユウ

 

参考ウェブサイト:オムロン ヘルスケア|女性のカラダ基礎知識|基礎体温と妊娠のお話

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。