受けてみたいけど…実際どーなの? HIV無料検査のQ&A集

今回は「HIV無料検査」にまつわるQ&Aをまとめました。HIV検査を受けてみたいと思ったときの予習に、またHIV検査を受けるきっかけとして、ぜひお役立てくださいね。

なおこちらの記事内容は、東京都北区保健所で行われたHIV検査(匿名検査・無料・予約不要)を参考にしています。

Q どこで受けられるの?

全国各地の検査所(保健所・相談室など)で受けられます。

検査所を探すにはHIV検査相談マップ(運営:厚生労働科学研究費補助金エイズ対策政策研究事業)が便利です。場所はもちろん、結果までの所要時間や予約が必要かどうかなど、あなたの条件に合う検査所を探すことができますよ。

Q 検査を受ける意味って?

HIVに感染しているかどうかが分かります。

不安な出来事のあとや、体調がおかしいと感じたときに、しかるべき機関で検査を受けられると安心できますよね。もしHIVに感染していた場合は、治療や体調管理などの対処をしやすくなります。

Q 何をするの?

血液検査と、HIVに関する相談ができます。

HIV感染を調べるための採血をします。採血にかかった時間は、およそ1~2分程度でした。もし不安なことがあれば、性感染症の知識豊富な職員の方との面談で詳しい相談ができますよ。

Q 結果はいつ分かる?

検査所によります。

検査所によって当日中に結果を知らせてくれるところと、数日から数週間かかるところがあります。

Q 予約は必要?

検査所によります。

予約不要のところと、予約必須のところがあります。

Q 採血の量は?

およそ5ミリリットルです。(ティースプーンで約1杯分ほど)

Q 必要な持ち物は?

保健所での匿名検査では、特にありませんでした。

Q 時間はどのぐらいかかる?

2~3時間程度です。

私が受けた保健所での検査は、受付から結果を知らせてもらうまで2時間足らずで終了しました。

Q もし陽性だったらどうなるの?

検査で採った血液を使って、医療機関での確認検査が行われます。

確認検査の結果は、およそ1週間後に知らせてもらえるそうです。

Q 検査結果は書面で発行できる?

匿名検査の場合、証明書などは発行されません。

検査の結果は、担当の方との面談で知らせてもらいます。このとき書面で結果を見せてもらえますが、トラブル防止のため持ち帰ることはできません。同じ理由で、写真撮影も禁止されているそうです。

Q HIV無料検査、どんなメリットがあるの?

いまHIVに感染しているかどうかが分かります。

不安なことがあれば、詳しい相談もできます。また私が検査を受けた保健所では、性感染症パンフレットが全員に配られました。こちらは性感染症はどうやって感染するのか、それぞれの潜伏期間や、男女別の症状などが分かりやすく解説されているものです。

文:カサイユウ

 

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。