性病まみれの第一歩!? 「のどクラミジア」をいち早く治療するべき理由

性感染症は「コンドームを使わずにセックスすることでうつるもの」という認識が一般的。けれど、それ以外にも感染経路があることはご存知ですか?

今回は、多くの人にとって盲点ともいえる性感染症「のどクラミジア(咽頭クラミジア)」のお話。その感染経路と、いち早く治療するべき理由をお伝えします。

「のどクラミジア」感染経路と症状って?

のどクラミジアの感染経路として、もっとも多いと言われているのはオーラルセックスです。オーラルセックスとは相手の体や性器を、口や舌で愛撫すること。フェラチオやクンニを指します。

愛情ある人へするオーラルセックスは立派な愛情表現方法のひとつですが、どちらか一方がのどクラミジアにかかっていたら、大切な相手に感染させてしまうことがあります。オーラルセックスのほかには、ディープキスでも感染することがあるそう。

のどクラミジアの主な症状としては、のどの違和感やせき、熱が出るなどがあげられます。そのため風邪の症状と勘違いしやすく、自覚症状からのどクラミジアだと判断するのは難しいもの。さらにほか性感染症と同じく、自覚症状が出ないケースも少なくはありません。

のどクラミジアにかかったまま治療をしないでいると、のどの痛みをともなう咽頭炎へと悪化してしまうこともあります。また高熱が出たり、口臭の原因にもなる扁桃腺炎を引き起こしてしまう場合も。

症状が出ないなら、放置しても大丈夫だよね?

性感染症の多くは自覚症状が出にくく、感染していることにさえ気がつきにくいもの。体に変化がないため、そのまま放置してしまうケースは十分に考えられます。

「症状が出ないなら、放置しても問題ないじゃん!」
「どうしてわざわざ、治療しなくちゃいけないの?」

ここまで読んでくださったあなたは、もしかしたらこんな風に思うかもしれませんね。けれど感染したまま放っておくことで、目に見えない大きな問題が出てくるのです。

「のどクラミジア」検査と治療をするべき理由って?

のどクラミジアを治療するべき理由ですが、まず「ほかの性感染症にかかりやすくなる」ということ。のどクラミジアに限らず、性感染症にかかっている体は免疫力が落ち、さらなる性感染症を引き起こしやすい状態なのです。

もうひとつの理由は「知らないうちにパートナーに感染させてしまう危険がある」こと。治療をせずに放っておくのは、大切なパートナーの体まで危険にさらすことにつながります。

のどクラミジアの感染にいち早く気づくためには、定期的に性感染症検査を受けることが必要不可欠。どの性感染症にも言えることですが「まさか自分が感染しているわけない!」という考え方が、何より危険なことだとは思いませんか? あなたがしっかりと自己管理をすることは、大切な人の体を守ることにつながるのです。

文:カサイユウ

参考資料:
オーラルセックス(口腔性交)による性感染症に関するQ&A|厚生労働省:

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。