「つけても気持ちイイよ?」彼にコンドームをつけてもらうための言葉・5選

「彼にコンドームをつけてほしい、けれど自分からは言い出しにくい……」こんな悩みを抱えている人は少なくありません。ラブホテルでのデートなら必ず枕もとに置いてあるので、少しはつけるタイミングを作りやすいもの。けれどどちらかの部屋で……となると、きっかけ作りが難しいですよね。

コンドームをつけるメリットは、言うまでもなく性感染症を予防できること、そして計画的な妊娠ができること。ふたりの未来を考えれば、やっぱりきちんとつけるべきものですよね。今回の記事では「彼にコンドームをつけてもらうための5つの言葉」をご紹介しますので、あなたの気持ちを彼に伝えるためのヒントになれば幸いです。

彼にコンドームをつけてもらうための言葉 ①「妊娠しちゃうからつけて!」

女性のカラダが妊娠しやすい時期は、生理のあとに訪れる卵胞期から排卵期。いまは妊娠を望んでいるタイミングでないなら、コンドームは毎回つけてもらいましょう。そのために「いまは妊娠したいタイミングではないこと」を、理由を添えて説明できると良いですね。

仕事が楽しいから、趣味を楽しみたいから、経済的にムリがある時期だから……など、あなたの人生設計や考えている理由を彼に伝えてみましょう。

彼にコンドームをつけてもらうための言葉 ②「つけても、ちゃんと気持ちイイよ?」

コンドームのありなしでカラダの感じ方が変わるかは、本当に人それぞれ。私自身はさほど変化を感じませんが、あなたはどうでしょうか? かたや男性から聞くことが多いのは「コンドームはないほうが気持ちいい!」という意見。コンドームがないほうがお互いに気持ちいいと思い込んでいる男性は、少なくはなさそうです。

もしあなたが感じる気持ち良さが変わらないなら「コンドームをつけても、ちゃんと気持ちイイよ?」と、伝えてみてはいかがでしょうか。彼を安心させることにもつながるかもしれません。

彼にコンドームをつけてもらうための言葉 ③「私のこと大事に思ってる?」

コンドームをつけない彼には「もしかして、あまり大事にされていないのかな?」と不安を感じてしまうのが女心。そんな気持ちをひとりで抱え込んでしまう前に、素直な言葉で伝えてみてはいかがでしょうか。

「自分が気持ちよければ、私のことはどうでもいいの?」「コンドームをつけてくれないなんて、大事にされていない気がする……」こんな風に話すことが、彼の本音を聞き出すきっかけにもなりそうですね。

彼にコンドームをつけてもらうための言葉 ④「うちにあるから大丈夫だよ♡」

彼がコンドームを用意してくれないなら、あなたのほうから差し出してみるのもひとつの手。ドラッグストアやコンビニで買いにくいなら、ネット通販で手に入れることもできますよ。

というのも、こちらは私自身が使っていた方法。そのおかげか必ずコンドームをつけてくれていたので「もしかして、コンドームをつけてもらうには最高の手段だったのではないかしら……?」なんて感じています。

彼にコンドームをつけてもらうための言葉 ⑤「私もつけてみたい!」

「コンドームをつける」という動作は、経験しないと分からないもの。あなたのほうから積極的に、彼にコンドームをつけてあげるのも効果的な方法だと思いませんか?

中には「彼女につけてもらいたい」という男性も存在します。カップルでのコミュニケーションとしても、ぜひ一度は試してほしい方法です。

文:カサイユウ

参考資料:
「ゴムを使う100の方法」女子のための the 100 ANSWERS(health-issue.jp)

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。