【体験談】クラミジアが彼女の入院でわかった!性病でカップル仲はどうなる?

今回お届けするのは、カップル揃ってクラミジアに感染してしまったことがあるJさん(30代前半・男性)の体験談です。

Jさんにはハタチのころ、3年ほど付き合っていた彼女がいました。お互いに仕事で忙しい日々を送っていましたが、ケンカはほぼなく良好な関係だったそう。

しかし付き合いはじめて1年がたつころ、なんとカップル揃っての性病感染が発覚しました。病名はクラミジア。日本でもっとも感染者数が多いと言われている、私たちにとって身近な性病です。

そのときJさんは何を思い、そしてどんな行動を取ったのでしょうか? 「性病は早期発見・早期治療が大切」と、改めて実感するエピソードです。

【性病体験談】はじまりは「彼女の入院」だった

とある日の昼休憩のこと、Jさんがケータイを開くと、彼女から一通のメールが来ていました。それは「最近ずっとお腹が痛くて……。おかしいと思って病院に行ったら、入院することになってしまった」という内容。

突然のことに戸惑いながらも、仕事を終えてすぐにお見舞いに駆けつけるJさん。なぜいきなり入院なのか? お見舞いで詳しい事情を聞けたらという気持ちもありました。しかしその時点で、彼女はまだ検査前。彼女の体がどんな状態なのか、悪い病気だったらどうしよう……と不安を抱えながらも、ひとまずは検査結果を待つことになりました。

なぜか汚れる下着…まさか性病!?

一方で、Jさんの体にも異変がありました。彼自身がそれに気づいたのは、彼女の入院から数日たったころのこと。仕事中に、これまでに感じたことがない「尿道から何かが出るような感覚」があったといいます。

手の空いたタイミングでトイレへ向かい下着を見てみると、いつもならあり得ないほどの汚れ方をしていました。女性ならば「おりもの汚れかな?」と納得できそうなものですが、Jさんは男性。当時の心境としては「えっ……。なんだコレ?」と、なにしろ混乱と驚きばかりだったそうです。

「性器まわりの様子がおかしい」というとき、まず思い当たるのは性病ですよね。

「浮気なんて絶対しない!」こんな彼でも性病に?


しかしJさんは「大切な彼女がありながら、浮気なんて絶対にしない!」という性格。もちろん、これまで性病にかかった経験もありません。「もしも性病だとすれば、いつどこで感染したのだろうか?」ここ数ヶ月の記憶を必死に掘り返すも、身に覚えのないJさんにはそれさえ分からなかったそう。

性病の症状として広く知られているのは、主に性器の傷みやかゆみではないでしょうか? しかしJさんの場合は、このどちらもまったく感じなかったといいます。その代わり、尿道から正常な量とは思えないほどの「何か」が出続けていたのだそう。当時のことを振り返って「とにかく下着が汚れ続けていたのを覚えてる」と語ります。

症状が治まらない…検査・治療はどこで?

「日にちがたてば症状が治まるのではないか?」と、2~3日ほど様子を見たというJさん。しかし下着の汚れは一向に治まらず、いよいよ病院へ行くことを検討しはじめます。何科に行けばいいのかさえ分からないものの、性病情報サイトや病院ホームページ、インターネット上の体験談などから情報を集め、良さそうな病院の目星をつけることができました。

このとき「入院中の彼女とも、一度話をしなければ……」と考えていたそう。目当ての泌尿器科へ足を運ぶことになった当日、まず彼女のもとへ立ち寄って近況を報告することにしました。

彼女の性病カミングアウト「検査したらクラミジアだった…」

「こういうわけで、ここのところ体がおかしいんだけど……どう思う?」思い切って症状を伝えると、彼女は落ち着いた様子でこう言ったそう。「私、検査したらクラミジアにかかってた。あなたも検査したほうが良いと思う」

ある程度の予想はしていたものの、突然の性病カミングアウトにすこしばかり面食らうJさん。その足で予約していた泌尿器科へ向かい検査をすると、やはり彼もクラミジアにかかっていました。

「なぜ?」「いつ?」「どこで?」検査結果を目の前にして混乱しながらも、もちろん治療をはじめることにしたJさん。しかし彼の脳裏には、ひとつの疑念が浮かんできたそう。「もしかして、彼女が浮気したんじゃないか……?」

ケンカするよりすぐ治療へ

泌尿器科を後にして、だんだんと冷静さを取り戻してきたJさん。最寄駅までの道を歩きながら、こんなことを考えていたそうです。

「根拠がないことを疑っても、答えは出ない。入院中の彼女を問いつめてただ気力体力を消耗するぐらいなら、ひとまずはいつも通り生活をしながら治療をしたほうが良いだろう……。彼女とケンカをするのは、お互いにクラミジアが治った後でも良いはずだ」

治療期間は泌尿器科で処方された抗生物質(クラビット)を指示通り飲み、睡眠と食事をしっかり取るよう心がけました。1週間たっても症状が治まらなければ、再び同じ医院へと足を運ぶことになります。

クラミジアの症状、Jさんの場合は?

クラミジアは、日本でもっとも感染者数が多いと言われている性病です。しかし自覚症状が出にくく、感染したことに気づきにくいケースもあります。

今回のJさんのケースは「尿道から膿みが出続ける」という、目に見える症状がありました。そのためすぐ異変に気がついて、検査と治療に踏み出すことができたのです。感染に気づかないまま放置してしまうケースが少なくない中、ある意味ではラッキーと捉えるべきなのかもしれませんね。

なおJさんがクラミジアにかかっていたあいだ、気になった症状はやはり尿道からの膿みだけだったそう。一般的に言われる性器の痛みやかゆみは、ほぼ感じなかったとのことです。

クラミジア治療は抗生物質で1週間程度

抗生物質を飲み続けること、およそ1週間。手持ちの薬がなくなるころには、尿道からの膿みは出なくなりました。

痛みやかゆみがほぼ出なかったこともあり、回復している実感は薄かったといいます。しかし下着が汚れなくなったことで、目に見える症状が消えてひと安心。その後の検査で、きちんと完治していると診断されました。

ひと通りのエピソードを話し終えたJさんは「男性はやたらと下着が汚れたら、性病を疑うべき!」とつけ加えます。下着の汚れは、性病にいち早く気がつくヒントだと言えそうですね。

クラミジアは、しっかりと治療をすれば1週間ほどで完治する性病。極端に怖がる必要はないのだと、彼の話から知ることができました。

カップル揃ってのクラミジア…結局、どこから感染したの?

彼女のほうも退院し、クラミジアを完治させたそう。ふたりはその後、今回のことについてじっくり話し合ったといいます。しかしいくら話し合っても、クラミジア感染の原因は分からなかったのだそう。

クラミジアは「まれに公衆浴場などで感染してしまうことがある」と言われています。彼女が言うには「ラブホテルに泊まったとき、感染しちゃったのかな?」「どちらから感染したのかは、よく分からないよね……」とのこと。

少なからず彼女の浮気を疑っていたJさんでしたが、最終的には彼女の言い分を信じることにしたそう。これで一件落着……となれば良かったのですが、ふたりを待ち受けていたのは「性病の二次トラブル」とも呼べそうな波乱でした。

カップルを襲った「性病・二次トラブル」とは?

しっかりと話し合いをして、もとの円満な関係に戻ることができたJさんたちカップル。しかしJさんが困ってしまったのは、彼女の家族から向けられた批難の目でした。それまで良好な関係であったにもかかわらず、この一件から「娘に性病を感染させた、とんでもない男」として扱われるようになってしまったのです。

特に厳しい対応を向けてきたのは、彼女の父親でした。Jさんへの接し方は極端に冷たいものになり、果てには「もう別れなさい!」なんていう言葉を浴びせられることも……。

なおJさんたちカップルのお付き合いは、その後2年ほど続いたそう。最終的な別れの理由も、クラミジアや家族トラブルの件はまったく関係なかったのだとか。

「カップル揃ってのクラミジア体験談」から学ぶことは?

Jさんの体験談から「クラミジアは1~2週間で完治する」「早期発見・早期治療を忘れずに」「パートナーや第三者の理解が大切」など、実にたくさんのことが分かりましたね。

まずは感染しないよう日々を送りたいところですが、今回のように身に覚えがないのにかかってしまった……ということも十分起こりえます。感染が分かったら女性は婦人科、男性は泌尿器科、または性病科で相談しましょう。

なお今回のケースは第三者の理解を得ることが難しく、残念ながら家族トラブルにまで飛び火してしまいました。しかしカップル揃ってのクラミジア感染を乗り越えて再び円満な関係を築くことができたのは、ふたりの信頼関係あってのものだと思いませんか?
文:カサイユウ

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

参考ウェブサイト
クラミジアとは|症状・感染経路|STD研究所 性病の総合情報サイト:

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。