時々ある不正出血_これって大丈夫なの?

Scientist working at the laboratory

体に問題のない女性なら、毎月順調にやってくる生理。生理時の出血には問題ありませんが、生理以外の時に出血することを「不正出血」といいます。生理以外の時に出血があるとほとんどの人は不安になります。不正出血にはいろいろな原因があるので、今回はこの不正出血について説明します。

気になる不正出血原因は何?

不正出血が見られる原因には、どんな病気があるのか気になります。これは実にいろいろな原因があります。例えば一般的よくあるのは生理不順の場合で、生理周期が定かでない人は不定期に出血が見られます。また、排卵時期に出血する排卵期出血、その他に膣や子宮内にポリープがあったり、子宮筋腫、子宮がんなど膣、子宮、卵巣などの女性器の病気もあります。あるいは妊娠を原因とする出血もあります。そして、性病の感染による出血です。このように女性の生理以外の出血には、たくさんの原因があります。

性病と性病じゃない不正出血の見分け方

不正出血といっても、さまざまな原因があることはご理解いただけましたね。ではその不正出血にもたくさんの種類があるのでその種類について説明します。

まず不正出血の要因となる血液について説明します。血液というのは出血してすぐには鮮明な赤色ですが、時間が経つと黒く変色してきます。よって、不正出血が見られた時の血液の色で、出血して時間が短いか長いかが判断できます。例えば鮮明な赤い色の場合膣の入口など、比較的近い所から出血しているという可能性が考えられますし、もし黒に近い赤い出血なら、かなり前にどこからか出血したものが出てきたということが考えられます。

次に、出血と一緒に出るおりものの状態や症状も大切です。例えば、酒粕やチーズのようにポロポロしたものが混ざってないか、または悪臭がしないか、腹痛や性器周辺にかゆみがないかなど、出血以外の症状にも目を配る必要があります。これらの症状が見られたときは性病に感染している可能性があるので、素人判断はしないで、すぐ病院を受診しましょう。

予防するための方法

次は不正出血を予防する方法をご紹介します。不正出血にはさまざまな原因があるので、その原因に沿った治療をしないと、不正出血は防ぐことができません。

ですが、日常生活の中で、自分がほんの少し注意するだけで、防ぐことができる不正出血があります。それは性病の感染による不正出血です。これを予防するには、まず決まったパートナー以外の、不特定多数の人とセックスをしないということです。不特定多数の人とセックスをすると、それだけ性病に感染するリスクは高くなってしまいます。性病に感染しないことこそが不正出血を防ぐ何よりの予防策です。

そしてもし性病に感染し不正出血が見られた場合は、すぐに病院を受診し、速やかに治療を行いましょう。性病の治療をしないでいると、将来不妊症になってしまうこともあります。そのようなことになった場合、将来とても大変な思いをすることになります。そんな事にならないためにも、性病に感染したと思った時はすぐに病院へ行くか、あるいは性病に感染しないような生活をするように心がけましょう。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。