セックスだけじゃない感染症の恐怖

怖い女性

セックスをしなくても感染する性病とは?

性感染症と聞くと、セックスにより病気が感染するというイメージがあります。しかし実際はそうではありません。セックスの経験がない人でも、性病の症状を訴え病院を受診するケースもあります。

カンジタや疥癬、毛ジラミなどがそれにあたります。カンジタの場合は、女性の体内には常に潜在している病原菌で、体調不良などで発症してしまうことがあります。疥癬、毛ジラミはシーツやタオルの共有により、感染してしまうことがあります。

その他には「ウォシュレット症候群」と呼ばれていて、ウォシュレットで洗いすぎて陰部のバリア力が低下し、それにより病気に感染したり、ウォシュレットのノズルに付着した感染症の病原菌が、ウォシュレットを共有することで性病に感染してしまう場合があります。

このように、セックス経験がなくても性病が発症してしまうことがあります。シーツやタオルの共有はもちろんですが、ウォシュレットの共有もとても危険です。使用時は注意しましょう。

血液がふれるだけで性病に感染してしまうってホント?

先ほどセックスをしなくても性病に感染してしまうということを説明しましたが、実はこれら以外にも、セックスをしなくても性病に感染する経路があります。

それが血液を介した感染症です。血液を介した病気にはHIVウィルス(エイズウィルス)やB型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルスなどがあります。これらの病気の感染は血液感染が主流で、例えば病気に感染している人の血液に触れてしまったとき、触れた部分に傷口があった場合、その部分からウィルスが侵入し感染してしまうのです。

特に私たちに注意が必要なのは、カミソリやヒゲ剃りの共有です。これは血液感染の可能性が非常に高くなります。できるだけカミソリなどは共有したりしないで、自分だけが使用するようにしましょう。

このように、セックスをしなくても性病などの感染症に感染する場面はたくさんあります。何気なく見過ごしてしまうことが多いので、これらに十分注意し生活するようにしましょう。

これらの病気に感染しないためには

 セックスをしなくても、性病に感染することはご理解いただけたでしょう。では、これらの病気に感染しないための具体的な予防策についてお話します。

まずは先にも述べたように、タオルやシーツウォシュレットそしてカミソリなどは共有しないことです。これらを行わないことで、性病だけではなく風邪などの感染症の予防にもつながります。その他に、もしこれらの病気に感染している人とセックスを行う場合は、コンドームは必須です。

また、できるだけ性器や体に傷ができているときは、セックスはしないようにしましょう。患部にウィルス触れないこと、そしてウィルスが体内に侵入しないようにすることが大切です。そして何より一番の予防策は、不特定多数の人とセックスをしないことです。そしてセックスをする場合は決まった相手と行うことです。

これらを実行するだけで、感染する確率はかなり低くなるでしょう。これらを意識し、十分注意して性病に感染しないように過ごしましょう。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。