男性は特に注意!性病でバレる浮気

Fotolia_87143937_Subscription_Monthly_M

完璧だと思っていても…

人が生活する中で、欠かせない事といえば恋愛でしょう。恋愛がうまくいっていると自然と仕事もうまく行ったり、人間関係だってうまくいったりするでしょう。しかしそんなステキな恋愛でも、いつまでも新鮮さが保てるわけではありません。

そんな時「ついつい…」とか、「ちょっとした気のはずみ」などで起こってしまうのが「浮気」です。単なる浮気と簡単に考える人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。単なる浮気が重大な事に発展する場合があります。それが性病です。

特に浮気を完璧に隠す自信を持っている人は、注意が必要です。もしあなたが仮に浮気相手から性病を移されたとしましょう。性病には潜伏期間と言って症状が出ない期間があります。その潜伏期間中に本命の相手とセックスした場合、本命に病気を移してしまう可能性があります。

そうなったらどうなるかというと、もちろん本命の相手は、性病を移したあなたの浮気を疑います。うまく浮気をあなたは隠しているつもりかもしれませんが、性病の感染により浮気が発覚してしまうことになります。

性病感染=家庭崩壊の危機!?

このように性病の感染で、浮気が発覚してしまうことがあります。たかが性病くらいと思う人もいるでしょう。

しかし、たかが性病ではありません。なぜなら性病は病気の種類によっては、男女共に不妊症になってしまったり、命の危機を招く恐ろしいガンに発展する場合もあります。

特に、これからお子様を希望されるご夫婦に、このようなことが起こった場合、単に浮気がバレてしまうだけではなく、性病が原因でお子様を授かることが困難になるでしょう。そうなった場合、単なる浮気発覚というだけでは状況は収まりません。

場合によっては、離婚という危機を迎える可能性もあります。そんな状況になってしまっては最悪です。そんなことにならないためにも、まずは浮気をしないようにしましょう。

そして万が一性病に感染したと思った時は、隠したり放置したりせず、パートナーと共に速やかに病院を受診し、すぐに治療するようにしましょう。

性病感染を防ぐためには

このように、家庭崩壊の危機に発展してしまう可能性のある性病は、どのようにして予防すると良いか説明しましょう。

まず一番目は、セックスをする場面ではしっかりコンドームを使用することです。コンドーム使用で防げる性病も多くあるので、しっかり使用しましょう。しかし、コンドームを使用しても、感染してしまう病気があるので注意が必要です。

二番目はセックスを行う時は、性器や皮膚口腔内を清潔にすることです。これらの部分には、性病の病原菌がいる場合があるので、セックスを行う前に体を清潔にすることで、性病を予防できる場合もあります。

そして三番目は浮気をしない事です。決まったパートナー以外の人とセックスをするということは、性病感染のリスクが高くなります。感染を防ぐには浮気をしないことが一番の予防方法でしょう。これらの事を実践するだけで、かなり性病感染を予防することが可能です。ぜひ実践しパートナーとの幸せな生活を大切にしましょう。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。