白っぽい・ネバネバしてる・ヘンなニオイ…いつもと違うおりもの、もしかして性病のせい!?

女性のカラダは、日々デリケートに変化し続けているもの。その時期やカラダの状態によって、おりものの量や形状が変わることもあります。それはときに”カラダの異変を知らせる”という、大きな役割を担っているのです。

「おりものがいつもと違う……これって性病かも?」こんな風に感じることがあったら、まずはおりものの状態をチェックしてみましょう。

“白いおりもの”は生理前に出やすい

性病にかかっていなくても、白くニオイの目立つおりものが出ることがあります。特に出やすいのは、黄体期と呼ばれる時期。女性ホルモンのひとつ、妊娠を助けるはたらきを持つ”プロゲステロン”(黄体ホルモン)が分泌される時期です。

おりものがさらに特徴的になるのは、黄体期の後半。ちょうど生理前に差しかかる時期ですね。このころのおりものは白っぽく、ニオイがより強くなります。おりもので不快感を感じたとしたら、カラダが「そろそろ生理が来るころだよ」というサインを発しているのかもしれません。

このとおり性病にかかっていなくても、白いおりものが出る時期はあります。おりものの様子がいつもと違っても、必ずしも性病とは限らないんですね。

しかし気をつけておきたいのは、黄色がかった濃いおりもの、またニオイが強いおりものが出たとき。「もしかして性病!?」と感じたら、次のようなおりものに注意しましょう。

性病が疑わしいのは、どんなおりもの?

<性器クラミジア感染症>

黄色く濃いおりものが出ることがあります。また不正性器出血(生理ではないのに膣や子宮から出血があること)が起こるケースも。

<淋病(淋菌感染症)>

黄緑色の濃いおりものが出ることがあります。尿道から膿みが出ることも。

<性器カンジダ症>

白くヨーグルト状のおりものが出ることがあります。

<膣トリコモナス症>

白や黄色がかったおりもの、また泡をともなうおりものが大量に出ます。ニオイは強め。

不安になったらまず検査へ!

おりものの変化以外にも、膣まわりの違和感から性病に気づくこともあります。たとえば痛みやかゆみを感じる、水ぶくれやイボができるなどがあれば注意が必要。何らかの性病にかかっている可能性があります。

カラダや日々のおりものに違和感を感じたら、まず性病検査を受けてみましょう。性病は自覚症状が出ないケースも多いため、カラダの異変によっていち早く気づくことができるのは、むしろラッキーとも言えるかもしれませんね。

大切なのは、カラダの変化に敏感になること。そして大げさだと思わず、とりあえず検査を受けることをおすすめします。それはあなた自身のカラダはもちろん、パートナーをも大切にすることに強くつながるのです。

文:カサイユウ

【おすすめ】自分で簡単にできる性病検査キット

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。