医師が治療薬を「必ず最後まで使い切るように」と処方するのには理由があるんです

drug-943759_1280

処方箋なしでも、ほとんどの治療薬が手に入る

パートナーとピンポン感染で繰り返し同じ性病にかかってしまったり、一度感染した性病を何度も再発したりと、止んでは復活する性病の症状に悩んでいる方も少なくはありません。不特定多数とのセックスをしているわけでもないのに、しょっちゅう性病が原因で婦人科へ行くのが恥ずかしい、忙しいなか治療をしているので病院へ頻繁に行く時間がない…そんな時に、最初の治療で効いた薬さえあれば自分で治療できるのに…と考えることは自然なことでしょう。

しかし、性病に効果のあるお薬の多くが市販しておらず、医師の診断がないと処方して貰えないものがほとんど。

実は、医師の処方がないと購入できない医薬品の多くは、個人輸入代行サイトで手に入れることができます。また、品揃えの豊富な代行サイトでは、かかりつけのお医者さんが取り扱っていないジェネリックも取り揃えていることがあり、思ったよりも安価に、処方されたお薬と同じ効能のお薬を手に入れることができてしまいます。海外からの輸入になるので、漠然と怪しさを感じる方も多いようですが、長年続いているサイトも多く、まともな業者を選べば、商品が届かないといった被害もほとんどありません。

でも適当に薬を服用したら…治らない病へ変化

ただし、手放しに個人輸入すればいい、ということはなかなか言えないのが現状でもあります。性病治療の多くには抗生物質が使用されますが、抗生物質を服用し続けると、その薬に対して菌が耐性を持つようになってきます。そのため、できる限り短時間で全ての菌を消滅させることが重要です。

しかし、必要量より少ない期間・少ない容量の薬を服用をすることで、一時的に症状が改善されたにも関わらず、症状がぶり返すことがあります。この場合は既に菌が薬に対して耐性を持ち出している可能性があり、これを繰り返すと、薬が徐々に効かなくなってくるのです。同様に、特に症状のない時に、無駄に薬の服用を行っていても、実際に感染した時には、薬の効果が薄まる可能性があります。

「風俗街でもらった性病は治りにくい」という都市伝説がありますが、実はこれはあながち嘘ではないかもしれません。さまざまな人を経て治療を試みられた菌が耐性を持った結果、普通のカップル間での感染よりも治りにくい菌へとパージョンアップしてしまっている可能性はゼロではないのです。

このように、適切な用法と容量で薬を処方しないと、同じ病気でもどんどんタチが悪くなっていきます。カンジタやクラミジア等で処方された薬について、「必ず最後まで使い切るように」と言う医師が多いのは、こういったリスクを加味した期間の処方を行っているからですが、自己判断ではどの程度の薬が必要であるか明確ではありません。ひょっとすると、薬を自己判断で使用しているうちに、より退治しにくい菌を育成してしまっているのかもしれないのです。

やはり、内服する抗生物質は、医師の診察の上で服用するのが、一番安全だといえます。

塗り薬は効果的だがカンジタ治療薬には注意

ただし、置き薬として持っておくことをお薦めできるものもあります。それが、軽い塗り薬です。特定の性病ではなく、一般的な「ばい菌」が入ったことでかゆみが生じたり、ナプキン等でかぶれて陰部に不快感を感じることもよくあります。そういった、一般的な陰部の炎症に使える軟膏は、ひとつあればいざと言う時に効果を発揮するかもしれません。

少量のステロイドが含まれていることがありますが、下半身の粘膜の周りに使えるということはそんなに強い薬でもないため、過去医師に処方されて使用した際に問題が起こっていなければ、自分でリピートしてみてもいいでしょう。

ただし、同じ塗り薬でも、尖形コンジローマの治療薬等、特定の性病に使う塗り薬は、治療方法を誤ると皮膚が悲惨なことになります。こういった特殊なお薬は、医師のアドバイスの元で利用することをお薦めします。

また、最近はカンジタの治療薬が薬局で取り扱われるようになりました。カンジタを繰り返している方は、いざという時のために常備しておくと安心ですが、こちらも中途半端に使用すると却って悪化したり、治りにくくなることがあります。薬局で購入する時も、用法と容量はきちんと把握して遵守しましょう。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。