濡れにくくなる!?特徴は外性器の片側のみの腫れ

Fotolia_90725837_Subscription_Monthly_M

特徴は外性器の片側のみの腫れ

バルトリン腺炎という病気をご存知でしょうか。膣の入り口の近くにあるバルトリン腺が詰まって炎症を起こし、腫れや様々な症状が起こることを指します。

実は、セックスの際に女性の膣が潤う、その水分はこのバルトリン腺から出ています。2cm程度の管になっている部分なのですが、これが炎症で塞がってしまうと、膿等が溜まってきて腫れ等を引き起こすのです。

特徴的なのは、どちらか一方の外陰部が腫れて来ること。一旦治まっても、どちらか一方だけまた腫れてくるようなことがあれば要注意です。

症状として最も多いのは、腫れに伴った痛み。座ったり歩いたり、こすれるような動作をすると強烈に痛むケースが多いのですが、そこまで症状が重くない場合は、しこりや違和感だけを感じることも。他の性病の原因になる感染症が原因となってバルトリン腺が塞がってしまっている場合は、稀にかゆみが生じることもあります。また、急性の場合はわかりやすい症状が出ますが、慢性的にバルトリン腺に炎症が起こっている場合は、症状が軽くわかりにくいこともあります。

原因は様々ながら、実は他の性病が引き金になっているケースが多々

この炎症の原因は、基本的に何らかの細菌が管に侵入することで起こります。

細菌の種類は、もともと人間の生活の中で存在しているブドウ球菌や大腸菌の可能性もあります。こういった細菌から身を守るためには、基本的に清潔を心がけることが重要。ただし、陰部を洗いすぎると逆に、悪性の細菌等から身体を守っている常在菌まで殺してしまうので、石鹸やボディーソープで1日に何度もゴシゴシ陰部を洗うのは控えましょう。

また、実は性病がバルトリン腺炎の原因となっていることも多々あります。カビが原因となるカンジタやクラミジア、淋病の原因となる細菌等は、よくバルトリン腺の原因としても挙げられるのです。特にカンジタは、バルトリン腺炎の原因として挙げられることが最も多いため、バルトリン腺炎となったらカンジタの検査や治療を一緒に始める産婦人科のお医者様も多いんです。陰部が腫れてきたら、同時に何らかの性病の治療を平行して行う覚悟が必要になります。

悪化すると地獄!?最悪、バルトリン腺自体の摘出も…

他の細菌の繁殖が引き金となって起こるバルトリン腺の治療は、まずはその細菌を落ち着かせること。まだ発症して間もなければ、お薬等で治療を行い、細菌が落ち着くと共にバルトリン腺炎も落ち着く、というケースがほとんどです。

ただし、症状が慢性化している場合は、膿がひどくなっている場合は、結構ハードな治療が待っています。

小さな切開を行い、溜まっている膿を抽出する治療がその一つ。基本的には局所麻酔で行える小さな手術ですが、場所が場所だけに麻酔も激痛との声も。また、一度切開を行って、バルトリン腺の管の替わりとなる開口部を作る手術も存在します。

それらの手術でも効果的な治療とならない場合は、バルトリン腺自体を摘出することになってしまいます。子宮を取ってしまうわけではないので、手術後もセックスが可能で問題なく妊娠もできますが、今まで両側に存在したバルトリン腺が片側になってしまうことで、セックスの際に「濡れにくく」なってしまう、ということはよくあります。

放置するとコワい外性器の腫れ。異常を感じたら、やはりすぐにお医者様に診てもらいましょう。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。