下着にヘンなおりものが!もしかして病気?

Fotolia_72820194_Subscription_Monthly_M

女性としては見慣れたおりもの。雑菌から腟を守るためには欠かせないものです。でも、見慣れない変なおりものが下着についていたら?それは体に変化が起きている証拠!おりものの変化が特徴的な病気(腟炎)を紹介します。

黄緑色で泡立っている

大量に出て、生臭い匂いがすることも。この場合は、トリコモナス症が疑われます。トリコモナス症はトリコモナスという原虫によって引き起こされます。腟のかゆみや熱感といった症状が現れ、性交や排尿時に痛みを感じることもあります。
性行為だけでなく、タオルや便器、下着などを通しても感染します。パートナーと病気をうつしあってしまう「ピンポン感染」を起こしますが、性行為だけでなくタオルや便器を通しても感染します。男性では症状が出ないことも多く、知らないうちにパートナーにうつしてしまっていることも。どちらかがトリコモナス症になったら、パートナーと一緒の治療が欠かせません。

臭い!

魚が腐ったような生臭いおりものや、灰色っぽいおりものの場合、細菌性腟症が疑われます。かゆみが出ることもありますが、おりものの症状が目立ちます。性交痛はありません。
細菌性腟症は、膣中の細菌のバランスが崩れて雑菌が繁殖しすぎることにより引き起こされます。もともと腟は、乳酸桿菌という善玉菌によって守られています。不摂生をして免疫力が低下していたり、腟を洗いすぎて善玉菌が死んでしまったりしていると、腟内は雑菌が増えやすい環境になってしまいます。

白や黄色のポロポロした塊になっている

よくカッテージチーズ状、と表現されます。豆腐くずやヨーグルトみたいと言われることも多いようです。食べ物で例えるのも変な話ですが、本当にそういう見た目なのです。こんなおりものの時は、腟カンジダ症(真菌感染症)が疑われます。
腟カンジダ症は、カンジダというカビ(真菌)によって引き起こされる病気。症状としては、腟やその周りがかゆくなります。ヒリヒリと痛くなったり、赤く腫れたりすることもあります。カンジダはそもそも、誰もが体に持っている常在菌。いつもは害にならないのですが、体調や不衛生な下着、抗生物質の使用によって過剰に増えると、不快な症状を引き起こします。

いずれも、おりものが生臭くなることがあるみたいですね。日頃から、見た目や量だけでなくニオイにも注意をしておきましょう。性交によって感染するだけでなく、体調の変化や衛生状態にもよって引き起こされる腟炎。パートナーは一人だからと思っていても、油断は禁物です。大事なパートナーにうつさない為にも、おかしいと思ったら早めに病院へ!

 

 

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。