コンドームは愛の証!思いやりで幸せなセックスライフ

red-condoms-849407_1280

「生の方が気持ちいい」と言われて断れず、コンドーム無しでセックスをしてしまった…なんて経験はありませんか?
一時の快楽からコンドーム無しのセックスを受け入れることは、相手への愛情ではありません。
正しいコンドームの使い方を学び、避妊・性病予防をすることで、安心で幸せなセックスライフを送りましょう!

「コンドームしているから安心」ではないんです

コンドームは望まない妊娠や性病を防いでくれる、大変便利な道具です。特に精液や膣分泌液などの体液を介して感染する、淋病、クラミジア、HIVなどは、コンドームを使用することで効果的に防ぐことが出来ます。

しかし「コンドームを付けていれば安心」といった、軽い気持ちでセックスを始めてはいけません。コンドームを装着した場所以外にしこり、コブ、水泡、ピンク色のあざ、赤茶色のブツブツなどの病変部がある場合にはセックスを中止することをおすすめします。病変部との接触により、性器ヘルペス、梅毒、ヒトパピローマウイルス(コンジローマ)などに感染する可能性があるからです。

また性病を予防するためには、フェラチオや素股を行う際にもコンドームを使用する必要があります。

コンドーム装着でさらに気持ち良くなれちゃう?

着けることでさらに気持ち良くなれるようなコンドームも販売されています。表面に突起がついていたり、ローションがついていたりと、さまざまなものが存在しています。パートナーと一緒に選んでみたり、多くの種類のコンドームを使い比べてみたりするのも楽しいですね。

薬局で購入するのが恥ずかしければ、手軽にネット通販でも購入することができますよ。

コンドームがなければセックスしない!性病リスクも考えて。

メリットがあることは分かっていても、「生でするほうが気持ちいい」「コンドームを用意するのが面倒臭い」といった理由で、コンドームを使用しない男性は多くいます。またセックス中に相手を否定して雰囲気を悪くしたくない、という思いから、嫌々ながらもOKしてしまう女性がいるのも事実です。

しかし性病にかかると治療に時間・お金がかかりますし、なにより辛い思いをしなければなりません。さらに女性は男性と違い、望まない妊娠といった心身にとって大きな被害を受けてしまう可能性があるのです。

「セックス中にコンドームを着けるのは面倒だし、一度くらいは着けなくてもいいか」という安易な判断が、大切な身体を傷つけます。コンドームを着けてくれないならセックスはしない、という強気な態度を持つことが大切です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。