避妊だけじゃない!低容量ピルで素敵な効果

Fotolia_86415745_Subscription_Monthly_M

低用量ピルの処方が可能になって久しいですが、未だに日本の低用量ピルの服用率は先進国の中では低め。毎日飲まなければならないのがめんどくさい、副作用が不安…など、正しい知識がないがゆえに、服用に踏み込めない人も多いようですね。

避妊の効果はコンドーム以上!想像以上に効果的

低容量ピルといえば、やはりメインは避妊目的での服用が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。実は、低容量ピルの避妊の効果は、正しく服用すればコンドームにも勝るとも劣らないと言われているのです。

コンドームが、破れてしまったり外れてしまったりという、意に添わないトラブルで妊娠を招いているのと比較して、ピルはきっちり用法を遵守していれば、99%以上の避妊の効果があると言われています。思った以上の効果ではありませんか?

また、服用もそこまでハードルは高くありません。錠剤は小指の爪の8分の1くらいのサイズ。本当に小さいので、水がなくても飲めます。毎日1回、同じ時間に服用するだけなので、飲み忘れが不安な方は「起きてすぐ」「ランチの時間」など、生活スタイルに合わせて服用すれば習慣化できます。また、万が一飲み忘れがあっても、24時間以内に服用すれば調整もできるので、思った以上に簡単なんですよ。

腹痛や眠気…さまざまな症状にも効果を発揮

避妊の効果ばかりがクローズアップされがちなピルですが、その効果は多岐にわたります。実は、PMS(月経前症候群)のような生理に伴うさまざまな症状を和らげる効果もあるのです。

生理に伴う腹痛や眠気、いらいらや情緒不安定等のさまざまな症状は、女性ホルモンによってもたらされます。しかし、ピルを正しく服用すれば、身体は妊娠している時に近いホルモンの状態になります。これによりホルモン量が安定し、症状を和らげることができるのです。生理痛や眠気、いらいら等の症状で通院した場合も、結果的に医師に低容量ピルを勧められることも多いのです。

また、ホルモンバランスが安定することにより、生理前後の肌荒れも防ぐことができます。「ピルを飲むと肌が綺麗になる」という噂はあながち誤りではないのです。ちなみに、効果が高すぎて「やめた後も妊娠できなくなるのでは?」という心配をする方も多いのですが、これは誤り。ピルを飲んでいる期間、脳が既に妊娠状態と錯覚しているから妊娠しないだけで、ピルを服用しなくなると元の状態にもどる=妊娠可能になります。経済的・社会的に妊娠はできないけれど、恋人がコンドームをつけてくれない…という場合も、結婚まではピルを服用し、結婚後に服用をやめて妊娠…というのも、当然できるんですね。

リスクはゼロでは…半年に1回は血液検査を

いいことづくめの低容量ピルですが、少しのリスクは存在します。

最も重要なリスクは、血液の問題。ピルを服用した場合、血栓ができやすくなることです。全ての人がそうなるわけではありませんが、血栓ができて血管を詰まらせると、重篤な病へ繋がってしまう可能性があります。そのため、継続してピルを服用する場合は、定期的に血液検査をすることが義務づけられています。自分は大丈夫だ、と思っていても、この検査は忘れずに行いましょう。

また、コンドームを利用すれば性感染症を防ぐことができますが、ピルはそのような効果は一切なし。特定の方とのセックスで妊娠を防ぎたい場合はピルで問題ないことも多いですが、不特定多数とのセックスにおいては、妊娠が防げても性病への感染には大きな懸念が残ります。もちろん、コンドームとピルの二重対策では、妊娠の確率も性感染症への感染も防げるため、最も安全にセックスをすることができます。

また、全くピルを服用していない状態と比較すると、たくさん食べてしまいやすくなる、ということがあります。ピルを服用すると太る、というのは、ピル自体に脂肪を蓄積しやすくなる成分や脂肪細胞を大きくしてしまう作用があるのではなく、食欲が増強することによって、結果的に太ってしまう可能性が高まるということを指しているのです。

 

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。