おりもののにおいが気になる…もしかしてクラミジア?

「性器クラミジア感染症」…クラミジアってどんな性病?

性器クラミジア感染症は、日本国内でもっとも感染者数が多い性病です。ほか患者が多いと言われている淋菌感染症(淋病)や性器ヘルペスウイルス感染症に比べても、その感染者数はそれぞれの倍以上。性病にかかったことがない人にとっては遠い世界のお話に感じられるかもしれませんが、もはや他人ごとと言うのはあまりに危険な性病なのです。

クラミジア感染が多いのは、なんとプリエ世代の20代女性。この理由は「性的活動が多い年頃だから」と言われています。20代で性的活動が増えるのはごく自然なことなので、それを踏まえてぜひ正しい知識を持っておきたいですね。

クラミジア蔓延中! 原因のひとつは「症状が出ないこと」

クラミジアをはじめ、性病は無症状であることが少なくありません。性病といえば、私たちは「膣まわりがかゆくなる」「おりものが臭う・増える」などのマイナートラブルを連想しますよね。しかしクラミジアについては、はっきりとした症状が出ないことがほとんどなのだといいます。

はっきりした症状が出ないということは、感染していること自体に気がつきにくいということ。これが、クラミジア蔓延の原因のひとつなのかもしれません。

また性病といえば「性器に感染するもの」とイメージされがち。しかしクラミジアの場合は、感染者とのキスやオーラルセックスによって、のどにうつるケースもあるのです。

クラミジアにかかったら、おりものはどう変わる?


クラミジアに感染すると、おりものは黄色っぽく、そしていつもより量が増えると言われています。また膣炎が引き起こされることにより、イヤな臭いが強くなることもあります。ほか症状としては不正出血や発熱、下腹部痛が起こることも。

女性にとっておりものは、体の異変をあらわすサインのようなもの。あなたに体の状態の変化をいち早く知らせてくれるものなのです。

もし「おりものが臭う」「量が増えた」「色がいつもと違う」などの変化に気付いたら、放っておかず体の状態を確認してみましょう。その小さな気づきで不妊や子宮頚管炎など、後々起こりうる大きなトラブルを回避できるかもしれません。

おりもののニオイが気になる…原因は?

膣の洗いすぎ

きれい好きな人ほどムレやにおいを気にするあまり、膣を洗いすぎてしまうことがあります。しかし膣の内側を洗いすぎることによって、もともと体が持つ自浄作用を弱めてしまうことにつながります。ボディーソープを使うのは膣の外側にとどめておき、内側はお湯で洗い流すようにしましょう。

膣炎を起こしている

膣炎の症状は、おりものの増加や悪臭、膣のかゆみや痛み、かぶれ……など。その原因として考えられるのは、疲れやストレス、免疫力の低下などがあげられます。またタンポンの入れっぱなしや通気性の悪い下着など、膣まわりの不衛生さが原因となることも。

性病に感染している

性病の可能性がある場合には、自己判断での対処はとても危険です。医療機関にかかり、しっかりと検査治療にあたりましょう。なおクラミジアは一度完治しても免疫ができず、きっかけさえあれば何度でも感染してしまいます。

クラミジアにならないためには?

クラミジアをはじめ、性病感染を防ぐために有効なのは、やはりコンドームを使うこと。コンドームを使うのは男性に左右されがちですが、女性から「つけて!」と言うことは、あなた自身の体を大切にすることに強くつながります。「自分の体を守るため」と考えてみると、言いやすくなるかもしれませんね。妊娠を望まない時期のセックスには、必ず毎回コンドームをつけましょう。

もしクラミジアにかかってしまったら、早めの治療を心がけましょう。おりものの変化(量・色・におい)に違和感を感じたら「あれ? もしかして性病かな?」と、いったん立ち止まって考えてみることが大切です。さらに定期的な検査を受けるというのは、体の状態に敏感でいるという意味でも望ましいことですね。

クラミジアにかかった! どうすればいいの…?

クラミジア感染が分かったら、まずは病院にかかり治療を始めましょう。そのほか治療中に覚えておきたい、3つのことをご紹介します。

①治療中はセックスを控える

医師の指示に従って、許可が出るまでセックスはしないようにしましょう。特にコンドームをつけないセックスは、クラミジアを悪化させるばかりか、大切なパートナーにうつしてしまう可能性があるのです。

②パートナーも検査を受ける

性病をカップル間でうつし合ってしまう状態を、ピンポン感染と呼びます。あなたがクラミジアを完治させても、パートナーが感染していた場合には、クラミジアの泥沼からいつまでも抜け出すことができません。またすでに感染させていないかどうかをチェックするためにも、パートナーに検査を受けてもらいましょう。

③医師の指示に従って治療する

クラミジア治療は、抗生物質や抗菌薬の服用で進められます。治療途中で症状が落ち着いたからといって、自己判断で服用を中断してしまうのはとても危険なこと。必ず完治が確認できるまで、医師の指示に従いましょう。

時間や費用、そして体力や気力がかかるクラミジア治療。通院の苦労を水の泡にしないためにも、治療は最後まできちんと行ってくださいね。

文:カサイユウ

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

【参照ウェブサイト】
性感染症報告数|厚生労働省:
性器クラミジア感染症とは(国立感染症研究所)

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。