オナニーで気持ちいいところは自分が一番知っている!でもその爪大丈夫?

セックスをすることで、女性ホルモンは分泌されます。また、オナニーをすることでも女性ホルモンは分泌されるといわれています。よって、女性力アップにオナニーは良い事といわれています。
しかし、注意しなければならないのは、まれにオナニーでも性病になってしまう事があります。
そこで、今回はどうして性病になってしまうのか。性病を予防するにはどうしたらいいのかをまとめました。

オナニーでどうして性病になるの?

相手がいない、セックスをしていないのにどうして性病になってしまうのか。
実は性病になる可能性がある細菌は、そこら中に生息しています。
例えば、他人が使ったベットや布団、カーペットやソファーにも生息している事があります。
そして、人間にも細菌はついています。
特に細菌が多いのが、爪です。

爪には、トイレより汚いとされる数の菌が生息していることがあります。特に女性はネイルに行ったり、オシャレで爪を長くしている人もいますよね。
長い爪には細菌がたくさん繁殖する可能性があり、その爪が膣内にふれたり、入ってしまう事で性病になる可能性があるんです。

セルフネイルで性病になるの!?

長いネイルは細菌が繁殖しやすいので、性病のリスクが高まる事があります。
女性の膣内はとてもデリケート。そのため、長いネイルで膣内を傷つけてそこから細菌が侵入してしまう場合があります。

最近はいろいろなセルフネイルが流行っているので、自分でネイルを楽しんでいる女性も多いと思います。
ただ、そんな人は注意しなければなりません。プロのネイリストにお願いすれば、爪を綺麗にやすりで削ってくれますが、自分でやった場合は削り残しやトップが甘くなったりして、傷つけやすい突起物が出来てしまう場合があるからです。
傷ついた膣内に細菌が入ると、炎症が悪化して様々な病気になる可能性があります。

ネイルをしながら性病を予防するには?

ネイルもオシャレの一部です。オナニーのために毎回オフしてはいられません。だからと言って、ネイルをやめたくはないですよね。
そんな女性はアダルトグッズを使う方法はいかがでしょうか。

ただ、注意点として、アダルトグッズを使用した後そのまま保管しておくと次回使用する際非常に不衛生です。
細菌だらけになってしまう可能性もありますので、よく洗い清潔にして使用してください。

アダルトグッズに抵抗のある女性も多いと思いますが、現在は女性向けの様々な種類がありますので、色々試して自分に合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。