濡れ不足に要注意!「潤う女」になるには?

ビーチ

いいムードでベッドイン。でもアソコはカラカラの乾燥女になっていませんか? 気分は盛り上がっているはずなのに潤ってこないと彼のテンションも下がるし、いざ挿入の際にも性交痛が起こることがあります。痛みが伴うのでセックスがわずらわしくなってしまうことも。パートナーとのセックスをスムーズに、そして豊かに愛を育むためにも潤う女を目指しましょう。

 潤いやすくするには、まずリラックス

セックスするとき、どうして性器が濡れてくるのでしょう。キスや愛撫などの前戯で性的に興奮してくると、膣の中が充血し血管から水分が漏れ出してきて性器を濡らします。しっかり濡れることでスムーズに男性を受け入れる準備が整うのです。

多くの男性は女性がたくさん濡れてくると、感度がイイとか名器であると思いがち。女性も濡れにくいと「自分は不感症なのかも…」と心配になったりします。しかし、濡れているのと感じているのは全く別モノです。気持ちは高ぶっているし、快感があるのに濡れない!ということもよくあります。濡れやすさには個人差がありますが、しっかり時間をかけて前戯をすれば濡れてくるはず。濡れにくいと悩んでいる人はたいてい、前戯にかける時間が足りないのです。それとなく彼にお願いしてみるとよいでしょう。

また、寒い場所や精神的に緊張していると体がこわばって濡れにくくなります。心身ともにリラックスできる環境も大切です。

カラカラの原因は女性ホルモンの減少かも?!

前戯を長くしているのに濡れにくい、あるいは以前は濡れていたのに急に濡れにくくなったという場合は、女性ホルモンの低下の疑いがあります。女性ホルモンとは主に「エストロゲン」や「プロゲステロン」を指します。これらの女性ホルモンは、月経と関係しており、うまく分泌されないと生理痛やPMS(月経前症候群)を引き起こすことが知られています。

女性ホルモンが濡れることと直接関係しているという発表はまだありませんが、女性ホルモンと密接な関係にある自律神経が乱れることにより、濡れにくくなる可能性があります。濡れるためにリラックスが大切なのは、自律神経のひとつである副交感神経を優位に働かせることで、体が自然に潤ってくるから。自立神経が乱れると、副交感神経とのバランスが崩れ濡れにくくなると考えられます。

濡れにくくなると、性交痛がありセックスそのものがストレスになってさらに濡れにくくなるという悪循環につながることもあります。生活リズムを整え、ストレスを解消し女性ホルモンの不調を改善することで、濡れやすい体に近づけることができます。

食事で体内の水分不足を解消!濡れやすい体に改善

セックスの時に潤いやすくするには、血液の流れをよくしなければなりません。体内の水分が不足していては血液がドロドロになり、結果として濡れにくい体になってしまいます。健康のためにも、美肌のためにも水分をとるように意識しましょう。

濡れにくくなる原因に女性ホルモンの低下があるのなら、食事で改善しましょう。女性ホルモンに効くことで有名な「大豆」製品を食べるようにしましょう。大豆には「ゲニスチン」という成分が含まれており、体内に入ると女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」に似た働きをします。和食なら豆腐、納豆、味噌など調理に取り入れやすくなります。豆乳のスムージーなども飲みやすくておすすめです。

性ホルモンを活性化に欠かせない「亜鉛」は魚介類に多く含まれます。しかし、毎日食べるのが難しい場合は「卵」で代用できます。卵にも多くの亜鉛が豊富に含まれていますので1日1個を目標に積極的に食べるとよいでしょう。

セックスの時に濡れない!ということは、セックスに対し消極的になってしまいます。パートナーとの関係も冷めてしまうことにもなりかねません。リラックスして愛を育むには、潤いのある心と体が必要です。身近なところから、改善して「潤う女」を目指しましょう。

【自分で検査!スマホで結果がわかります】
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査キット STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。