つらい生理痛__それはあなたへの大切なメッセージだった

ハート

年齢によって生理からくる症状が変わることを知ってますか?

毎月のようにやってくる生理に憂鬱な気分になることはありませんか?下腹部の違和感や生理痛、人によっては日常生活をおくれないこともあります。なぜ、毎月このような不快感に襲われないといけないのか、そう疑問に思う人もいるでしょう。

実は女性に訪れる生理は身体からの大切なメッセージ。生理は毎月のことなので、ついつい「いつものこと」と考えがちですが、同じ生理痛でも年齢によって意味が異なってきます。生理からくる痛みや原因を知ることは、健康的な生活をおくるためのヒントになります。

女性の身体は男性よりも複雑な構造で、ホルモンが増減することで心や身体に大きな影響を与えています。例えば、生理が始まる直前から低下するプロゲステロンとエストロゲンの黄体ホルモンは疲れやすくなる原因の一つ。意識して良質なビタミンやミネラルを身体にとり入れることで、体調と整えることが可能なのです。

生理痛は出産時の陣痛や分娩の痛みに備えるため!?

人の組織や器官のさまざまなところに存在し活躍している物質プロスタグランジン。女性は生理中にこのプロスタグランジンが多く分泌し、子宮を収縮させて経血を身体の外へ押し出します。生理痛とは、この子宮の収縮が原因。女性の場合、出産のときにプロスタグランジンが大量に分泌し、子宮を収縮させて陣痛を促し分娩へと導くのです。言ってみれば生理痛は陣痛への準備と言えます。

生理痛のもう一つの原因は子宮が未成熟な人に起こるケースです。これは10代の女性に多く、人によっては激しい腹部の痛みや頭痛、吐き気を伴う人もいます。けれどこの場合には、ほとんどが20代、30代と年齢と共に生理痛は軽減されていきます。

反対に若い時には生理痛がひどくなかったのに、後年になってから重くなる場合には子宮筋腫や子宮内膜症の可能性があります。また、重い生理痛が10年以上も続いていると、子宮が成熟していないことが考えられ、不妊につながる場合があります。

生理不順や不正出血の原因を知ることで健康的な生活をおくることができる

心と身体は密接につながっています。生理が月に2回あったり、2ヶ月に一度の周期になっている場合には生理不順と言えます。生理周期や長さには個人差がありますが、急にいつもとは違う生理の周期になった場合には、過度のダイエット、生活や仕事などの変化からくるストレスが生理不順の原因になることがあります。短期的な環境の変化であれば問題ありませんが、ストレスが長期的になると生理不順のほかにもさまざまな症状が出てきます。

また、不正出血がある場合には膣や子宮内に感染や炎症が起きている可能性があります。そのほかにも子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープ、子宮筋腫、子宮体がんなどの病気も考えられます。

生理痛や生理不順、不正出血は身体からのシグナルです。一番は病気にならないことですが、残念ながらそうはいきません。私たちは身体からのシグナルをキャッチして、早い段階で病院へ行ったり、定期健診を行うことが大切なのです。

 

【参照資料】もうがまんしない!この生理痛、あの不調 小杉好紀著/集英社、おんなのほん わたしのくすりばこ 増田智江著/三五館

「この記事について」特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。