ハイジニーナ推進派の私がメリットとデメリットを解説します

毛の処理をする女性

こんにちは、パイパン推進派のカサイユウです。今回の記事では、私が実際に「パイパン」にして感じたメリットとデメリットを解説させていただきます。なお私は、生まれついての貧乏性。もちろんコストがかかるエステには行きません。すべて自宅での処理です。

処理はハサミとカミソリで

まず、自宅でのおすすめパイパン処理方法をご紹介します。

カミソリで剃りやすくするために、陰毛をハサミで短く切り落とします。排水溝が詰まってしまわないように、ティッシュなどを敷いた上で切っていきましょう。

短く切ることができたら、次はボディソープとカミソリを使って剃っていきます。膣の周辺など見えにくい部分は、カミソリで傷つけてしまわないよう優しく剃りましょう。

パイパンのメリット① ほかでは味わえないスッキリ感

パイパンのメリットは、まず「邪魔なモノがないスッキリ感」を味わえること。下着をモコッとさせる陰毛がすべてなくなるのですから、その快適さたるや……私にはとても、ひと言では言い表せません。

彼の前で下着姿になるときも、パイパンはその威力を発揮してくれます。見た目がスッキリするので、お気に入りの下着をより可愛く履きこなすことができますね。

パイパンのメリット② セックスがより刺激的に

こちらは個人差がありそう。あくまでも私の場合ですが、セックスのときに感度がすこしだけ上がったような気がしました。陰部同士の密着感が増すような感覚ですね。

彼の目の前で陰部があらわになってしまうのはすこし恥ずかしいものですが、見た目の清潔感もアップすると思いませんか? また彼にとっては「舌で刺激しやすくなる」というメリットを感じてもらえるかもしれませんね。

パイパンのメリット③ ニオイを軽減させる効果も

陰部のイヤなニオイを軽減させるという効果が感じられました。というのも、モサモサと伸びている陰毛には色々なものが付着しやすく、そこからニオイが発生することがあるのです。トイレあとの尿やおりもの、生理時の経血などですね。

またお風呂上がりや湿度の高い夏場には、蒸れにくいというメリットもありますよ。

デメリットは…

デメリットと言うほどではないように感じますが、パイパンによる不便な点にもすこし触れておきましょう。

まず、お手入れに手間がかかること。カミソリで剃った毛はすぐに伸びてくるため、下着をつけたときにチクチクとかゆみを感じることがあります。

もうひとつは銭湯など、公衆浴場で目立ってしまうことでしょうか。ハイジニーナ脱毛とも呼ばれ、パイパンが流行しはじめている昨今ですが、その快適さを知らない人もまだまだ多いもの。「陰毛は生えているもの」という人が多数の中で、パイパンの股間は非常に目立ってしまいます。

しかし「他人と違うものや、目立つことが好き!」という人にとっては、もしかしたらメリットでもあるのかもしれませんね。

文:カサイユウ

 

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。