淋菌感染症(淋病)とは?「性病解説」

私はよく下腹部が痛くなるのですが、これは何が原因ですか?
女性はホルモンのバランスによって子宮が収縮し、痛みを伴うことがあります。代表的なのが生理痛です。
生理痛なら心配ないですよね?
実はそうとも言い切れません。むしろ生理痛だと勘違いして、STD(性感染症)を見過ごしているケースもあります。
つまりそれならどんなSTDの可能性があるのでしょうか?
クラミジア、カンジダ、淋菌感染症が考えられます。この中で特にやっかいなのが淋菌感染症。なぜなら感染しても症状がでにくく、症状があっても風邪に似ているから気が付きにくい。だから淋菌感染症について知識を深めることが必要なんです。

淋菌感染症の基礎知識

淋菌の感染で起こる淋菌感染症(淋病)は古くからあり、日本ではクラミジアの次に性器ヘルペスと並び感染者数が多いSTD(性感染症)です。

ちなみに厚生労働省の発表によると2015年に淋菌感染症で治療を行った患者数は8,698人で、その内、男性は6,905人、女性は1,793人です。

淋菌の感染力は強く、淋菌を持った相手との性行為で、女性は60~80%、男性で20~30%が感染すると言われています。

淋菌感染症の原因・感染経路

淋菌感染症の特徴

・淋菌感染症は淋菌の感染によって発症します。

・感染すると男性に比べて女性は症状がでにくく、慢性化することがあります。

・女性は男性の2~4倍の確立で感染すると言われています。

・オーラルセックスで淋菌がのどに感染することがあります。

・淋菌感染症になるとHIVに感染しやすくなります。

淋菌感染症になる原因とは?

・性行為で感染します。

・淋菌そのものは弱い菌なので、日光、乾燥、温度の変化、消毒剤などで簡単に死滅しますが、抵抗力が弱っている人は、まれに大衆浴場、プール、タオルなどから感染することがあります。

淋菌に感染する具体的な性行為は以下の通りです。

・セックス…男性のペニスが女性の膣に挿入する膣性交や性器の接触

・口腔(こうくう)性交…口や手を使うフェラチオやクンニリングスなどのオーラルセックス

・肛門性交…ペニスを肛門に挿入する行為

淋菌感染症の起源は?

淋菌感染症は古くからあるSTDの一つで、エジプトやインドの古典的医学書に麻疹や赤痢などと並び記載されいます。そのことから淋菌感染症は数千年前からあったとされています。

淋菌感染症の症状

淋菌感染症の特徴と症状

・女性の場合は症状が軽かったり、全く症状がでない人もいます。

・感染すると2~7日で症状がでます。

・膿のようなりおりものや軽い腹痛があります。

・外陰部がかゆくなります。

・男性が感染すると尿道炎を起こし、排尿時の痛みや尿道から膿がでたりします。

・淋菌がのどに感染すると、風邪の症状と同じようなのどの痛みや咳がでることがあります。

淋菌感染症を治療せず、放置したままにするとどうなる?

・淋菌が卵管や子宮の奥まで進むと子宮頸管炎、卵管炎、子宮内膜症を起こし不妊の原因になることがあります。

・膿汁が膣から肛門周辺へと流れ肛門直腸炎を起こす恐れがあります。

母子感染

・妊娠中に淋菌に感染すると、出産のときに胎児に感染する場合があります。

・胎児に淋菌が感染すると、新生児結膜炎を起こし失明する可能性があります。

淋菌感染症の検査

淋菌感染症が疑われる場合はどうすれば良いの?

【検査場所と費用】

・病院やクリニックの場合、性病科のほかに男性は泌尿器科、女性は婦人科を受診します。

・有料で匿名の検査はできません。

・費用は検査機関や3割負担の保健を適用するかどうかにより異なります。

(3000~10000円)

3割負担か10割負担か? 健康保険の適用について

既に何らかの症状があり病気の原因を調べる検査には保険が適用されますが、無症状での検査は全額負担になります。ただし、検査後に性感染症が分かった場合には病院によっては保険が適用されることもあります。

【自己検査】

・有料で自己検査キットを取り寄せ、専用の器具を膣内に挿入して内部の細胞をこすり取り郵送する方法があります。

・のどへの感染はうがいの後に吐き出した液を検査して淋菌の有無を調べます。

・検査結果は郵送やインターネットを通して確認することができます。

検査方法

・尿検査のほか、尿道の膿や膣の入り口や子宮頸部の分泌物で調べます。

・咽頭感染はのどの奥の粘膜やうがい液で調べます。

淋菌感染症の治療

淋菌感染症はどうやったら治るの?

・ペニシリンやテトラサイクリンなどの抗生物質を服用します。

・3~7日間薬を服用し、飲み終わった後に1週間以上期間をおいてから再検査を行います。

・慢性化しやすい病気なので、完治するまで根気よく治療する必要があります。

薬か効かない? 治療薬に耐性を持ち始めた淋菌

淋菌感染症にはペニシリンが有効でしたが、近年、ペニシリンに耐性を持つ淋菌がでています。そのため、治療薬としてセファロスポリン系やニューキノロン系の抗生物質が用いされていました。

しかし、最近、これらの薬にたいしても抵抗性を持った菌が現れ治療が大変になるケースもあります。現在、30~40%が耐性淋菌と言われています。

淋菌感染症の予防

淋菌感染症にならないためには

・性行為による淋菌はコンドームを使用することで防ぐことができます。

・淋菌は皮膚と皮膚の接触以外でもうつることがあるので、感染者のタオルなどの共用は避けます。

まとめ

お腹の痛みはしばらくすると治まるけれど、それは淋菌感染症などの病気を見過ごす原因になっていたんですね。
その通り。身体の中の問題が腹痛を起こしています。病気を防ぐことも大切だけど、身体の小さな変化にも気が付くことが大切なんです。でも淋菌感染症は気付きにくいから、定期的に検査することも重要です。

 

少しでも不安を感じたら検査を受けましょう!
  • 病院へいくのが怖い・面倒な場合は、自分でできる検査キットがおすすめです。
  • 検査キットなら自宅で簡単に検査することができます。
  • 誰にもばれずに匿名で検査する事ができます。

性病検査キット

淋菌感染症の関連記事

感染しても症状が出にくい!気づかないうちに身体をむしばむ淋病の怖さ

キスすると口が臭い!そのニオイは性感染症が原因かもしれません

Mっ気女子ご用心!彼へのご奉仕に潜む淋病のキケン

おりものの変化は重要なサイン!女性特有の病気を見つけるには

 

【参照サイト・資料】感染症ワールド/早稲田大学出版部、新病気とからだの読本8女性の病気/暮らしの手帳社、新病気とからだの読本5呼吸器と感染症,血液の病気/暮らしの手帳社、女性の病気百貨/主婦の友社、国立感染症研究所/淋菌感染症とは厚生労働省/性感染症報告数

「この記事について」
特定の治療方法や医学的な考え方・評価をすすめるものではありません。
あくまでも病気に関する理解や知識を深めるための参考材料としてご利用ください。